【松の湯 落合 銭湯】薬湯や水風呂にも入れる銭湯!

【松の湯 落合 銭湯】薬湯や水風呂にも入れる銭湯!

今回は、新宿区上落合にある銭湯『松の湯』をご紹介します。

落合駅徒歩1分と駅チカの銭湯で、深井戸の地下水を利用し、普通のお風呂だけでなく、天然成分100%の薬湯や、水風呂にも入ることができますよ。

また、無料で使えるシャンプー&ボディーソープ&レンタルタオルもあるので、手ぶらで銭湯を楽しめますよ。

スポンサードリンク

松の湯のご紹介

アクセス

松の湯(落合銭湯)

松の湯は、東西線落合駅から徒歩1分ほどの駅チカの場所にあります。

松の湯(落合銭湯)

入口には、先代自らが描いた富士山のペンキ絵が出迎えてくれます。普通は、ペンキ絵師の方が描くのが一般的ですが、お店の方が描くのは珍しいですよね。

松の湯(落合銭湯)

『わ』板(お湯がわいた・営業中)と『ぬ』板(お湯をぬいた・営業終了)の掲げられています。

受付

松の湯(落合銭湯)

入浴料は大人460円、小学生180円、未就学児80円となっています。

嬉しいことに、レンタルタオルが無料で、シャンプーとボディーソープも置いてあるので、手ぶらで利用することができますよ。

脱衣場

松の湯(落合銭湯)

マンションの1階の銭湯なので、天井は高くないですが、床がピカピカで、藤の籠も置かれています。

松の湯(落合銭湯)

男湯には、建て替えられる前の銭湯の屋根に置かれていた鬼瓦が展示されています。松の湯自体は、大正12年に創業されたとのことで、かなり歴史のある銭湯ですね。ちなみに、現在の建物には平成元年に建て替えられたそうです。

お風呂場

松の湯(落合銭湯)

お風呂場はそれほど広くはないですが、薬湯とジェット風呂とショルダー風呂と水風呂と4種類のお風呂が楽しめるようになっています。

松の湯(落合銭湯)

薬湯には、たくさんのアヒルが置かれており、お風呂の中に浮かべてもいいそうです。子供が喜びそうですね。

シャワースペース

松の湯(落合銭湯)

シャワーは据え付け型で、カランは昔ながらのプッシュ式で、可愛らしい形をしています。なお、お風呂の桶は、銭湯定番の黄色のケロリンですよ。

薬湯

松の湯(落合銭湯)

薬湯は100%天然成分を利用しているとのことで、自分が見学させていただいたときは、男湯は漢方で、女湯はバラの薬湯となっていました。

温度は40度くらいで、子供でも入りやすいそうですよ。

ジェット風呂

松の湯(落合銭湯)

真ん中は、ジェット風呂となっており、冷たい水が流れている水枕があるので、とても気持ち良いですよ。

ちなみに、松の湯のお湯は、地下120m(ビル40階に相当する)から汲み上げているとのことで、これほど深い井戸から組んでいる銭湯は珍しいとのことでした。

また、こちらのお風呂は隣のお風呂から水が流れてくるので、ぬるめの温度設定になっています。

ショルダー風呂

松の湯(落合銭湯)

一番奥には、上からお湯が落ちてきて、肩のコリをほぐしてくれるショルダー風呂があります。

カーテンが閉まっているので写真では伝わりにくいかもしれませんが、かなり水圧もあって、コリをほぐせますよ。

こちらのお風呂は42~43度くらいの少し熱めの温度となっていました。

水風呂

松の湯(落合銭湯)

奥には、1~2人サイズの水風呂もあるので、お風呂と水風呂の交互浴を楽しめますよ。

インスタグラム

施設概要

施設名

松の湯

住所 東京都新宿区上落合3−9−10

電話番号

03-3368-2352

営業時間15:30~24:00
(最終受付23:30)
定休日土曜日
料金

大人:460円
小学生:180円
未就学児:80円

公式サイト
参照サイトhttps://ameblo.jp/ochiai-matsunoyu/
twitterhttps://twitter.com/ochiaimatsunoyu
Instagramhttps://www.instagram.com/ochiai_matsunoyu/
アクセス・東京メトロ東西線『落合駅』より、徒歩1分
・西武新宿線・都営地下鉄大江戸線『中井駅』より、徒歩7分
・JR総武線・都営地下鉄大江戸線『東中野駅』より、徒歩7分
駐車場近隣にコインパーキング有
スポンサードリンク

Googleマップで開く

※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

口コミに、ご協力お願いします♪
未会員の方は、会員登録へ(30秒)!
会員の方は、ログインへ!

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!