【みどり湯 自由が丘銭湯】富士山のペンキ絵が素敵な銭湯!

今回は、目黒区自由が丘にある銭湯『みどり湯』をご紹介します。

自由が丘と言えば女性に人気のオシャレタウンという印象かもしれませんが、ちゃんと銭湯もあるんです。最近リニューアルされて、富士山のペンキ絵もサウナも楽しめる素敵な銭湯ですよ。

みどり湯のご紹介

みどり湯へ

みどり湯(自由が丘銭湯) みどり湯は、自由が丘の住宅街にある銭湯で、駅から徒歩5分程度の場所にあります。 みどり湯(自由が丘銭湯) 銭湯の定番『松竹錠』の下駄箱に靴を入れて、みどり湯へ。入浴料は、銭湯一律料金の大人460円を払います。未就学児の息子は無料で入れます。

更衣室

みどり湯(自由が丘銭湯)

天井はそれほど高くないですが、木のぬくもりがある更衣室です。

みどり湯(自由が丘銭湯)

マッサージチェアも置いてありますよ。

お風呂場

お風呂場には、立派な富士山のペンキ絵が描かれています。男湯はオーソドックスな白富士で、女湯は黄金富士になっており、男湯と女湯の間には桜の木が描かれていて、外国人受けしそうなペンキ絵ですよ。こちらのペンキ絵は、中島敦夫さんというペンキ絵師の方が描いたもので、ペンキ絵の下にサインがありますよ。

なお、シャワースペースには無料のシャンプーとボディーソープはないので、ご注意を。

ジャグジー風呂

みどり湯(自由が丘銭湯) ジャグジー風呂です。腰や足元からジャグジーが出ているので、リラックスできますよ。銀色の枕は、中には水が入っていて、冷たくて気持ち良いですよ。

バイブラ湯

みどり湯(自由が丘銭湯) ジャグジー風呂の隣には、下から泡が出てくるバイブラ湯となっています。お湯の温度は、41~42度くらいで、ギリギリ、息子も入れる温度でした。壁は富士山のペンキ画ではなく、富士山が写っている写真のようなものが飾られています。

 

サウナ

サウナは追加料金200円払うと入れます。フロントで、鍵とマットを受け取って、サウナを利用します。なお、広さは6~8人くらいは入れる広さで、TVは付いていません。

水風呂

みどり湯(自由が丘銭湯) 水風呂は、2人くらいの広さですが、サウナの隣にあります。

ただ、自分が行った時には、キンキンに冷えている冷水ではなく、普通の水の温度のお風呂だったので、夏場はちょっとぬるいかもしれません。

 

次のページでは、休憩スペースやインスタグラムの写真をご紹介します。

ページ: 1 2

2016-06-23

施設概要

施設名みどり湯
住所東京都目黒区緑が丘2-7-14
電話番号03-3717-4516
営業時間14:15~24:00
定休日木曜日
料金<入浴料>
・大人:460円
・小学生:180円
・未就学児:80円
※大人と同伴の未就学児は2名まで無料

<サウナ>
・+200円
公式サイトhttp://midoriyururi.com/
参照サイトhttp://www.city.meguro.tokyo.jp/shisetsu/shisetsu/koshuyokujo/midori.html
参照サイトhttp://www.1010.or.jp/map/item/item-cnt-520
Instagramhttps://www.instagram.com/explore/locations/11086732/
アクセス<電車>
・東急東横線『自由が丘駅』より、徒歩5分
・東急大井町線『緑が丘駅』より、徒歩7分
駐車場なし
※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

Googleマップで開く

口コミ

  1. Ken より:

    一緒に行った人:子供と一緒 (年中・年長)

    口コミ評価 3

    これといった特徴があるわけではないですが、オシャレな自由が丘の街中に、昔ながらの銭湯が楽しめること自体が貴重ですよね。
    リニューアルされているので、銭湯自体も綺麗で、女性も入りやすそうだと感じました。

口コミを投稿するには会員登録ログインが必要です。

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!