【旧三井物産横浜ビル KN日本大通ビル】横浜関内の近代建築!

横浜関内にある近代建築の建物『旧三井物産横浜ビル』

今回は、横浜関内にある近代建築の建物『旧三井物産横浜ビル』をご紹介します。関東大震災の被害を受けて、日本で初めての全鉄筋コンクリートのビルとして、1911年に作られました。現在は、KN日本大通ビルと言う名前の建物に変わり、ギャルリーパリというレンタルギャラリーとなっています。

スポンサードリンク

旧三井物産横浜ビルのご紹介

旧三井物産横浜ビルへ

三井物産横浜ビル

旧三井物産横浜ビルは、日本大通り沿いにある建物で、旧横浜商工奨励館の隣にあります。

建物の外観

横浜関内にある近代建築の建物『旧三井物産横浜ビル』

日本大通りの銀杏並木に囲まれて、旧三井物産横浜ビルがあります。

正面入口

横浜関内にある近代建築の建物『旧三井物産横浜ビル』

旧三井物産横浜ビルの正面入口です。現在は、三井物産は移転しており、賃貸オフィスとして使われているようです。

側面入口

横浜関内にある近代建築の建物『旧三井物産横浜ビル』

日本大通り沿いではなく側面の入り口となっています。現在、レンタルギャラリーのギャルリー・パリとなっています。

横浜関内にある近代建築の建物『旧三井物産横浜ビル』

自分は入っていませんが、通路の先がギャラリーになっているようです。

旧三井物産横浜ビルの歴史

横浜関内にある近代建築の建物『旧三井物産横浜ビル』

旧三井物産横浜ビルは、明治44年に竣工された日本初の全鉄筋コンクリート造の建築物です。遠藤於菟、酒井祐之助によって設計された地上4階、地下1階の建物です。

横浜支店での生糸の出荷作業

https://www.mitsui.com/jp/ja/roots/1209864_7248.html

こちらの写真は、三井物産のホームページで紹介されている写真で、生糸を馬車を使って運び出しています。

 

次のページでは、インスタグラムの写真をご紹介します。

ページ: 1 2

2017-05-02

施設概要

施設名旧三井物産横浜ビル
住所神奈川県横浜市中区日本大通14
参照サイトhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E4%BA%95%E7%89%A9%E7%94%A3%E6%A8%AA%E6%B5%9C%E3%83%93%E3%83%AB
Instagramhttps://www.instagram.com/explore/locations/389060810/galerie-paris/
アクセスみなとみらい線『日本大通り駅』より、徒歩3分
※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

Googleマップで開く

口コミを投稿するには会員登録ログインが必要です。

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!