【国営武蔵丘陵森林公園】アスレチック&BBQ&じゃぶじゃぶ池も!

国立武蔵丘陵森林公園

今回は、日本初の国営公園の『国立武蔵丘陵森林公園』をご紹介します。

東京ドーム65個分の巨大な面積を誇っていて、アスレチックや、じゃぶじゃぶ池や、日本一のふわふわドームや、バーベキューを楽しむことができる人気の公園です。

国営武蔵丘陵森林公園のご紹介

武蔵丘陵森林公園へ

国立武蔵丘陵森林公園

国営武蔵丘陵森林公園は、日本で初めてできた国営の公園とのことで、東武東上線の森林公園駅から、バスで行くことができますよ。

公園南口と西口にバス停がありますが、バーベキューに行きたい人は南口がオススメで、遊具やアスレチックで遊びたい人は西口で降りるのが、便利ですよ。

なお、森林公園の駅前には、コンビニがなかったので、電車利用の方は、お弁当などは事前に購入することをオススメします。

国立武蔵丘陵森林公園

西口の入り口です。こちらでチケットを購入して、中に入ります。

入園料

国立武蔵丘陵森林公園

入園料は、大人410円、子供80円、65歳以上210円となっています。なお、未就学児の子供は無料となっています。

案内図

国立武蔵丘陵森林公園

園内の案内図です。武蔵丘陵森林公園の面積は東京ドーム65個分と巨大な面積なので、事前にコースを決めてから、遊ぶことをオススメします。

西口に遊び場が集中しているので、子供と一緒の方は西口から入園することをオススメします。

むさしキッズドーム(遊具広場)

国立武蔵丘陵森林公園

西口の入り口の近くに、遊具で遊べる『むさしキッズドーム』があります。50種類の遊具で遊べるコーナーですよ。

国立武蔵丘陵森林公園

年齢に合わせて、色んな種類の滑り台で遊ぶことができますよ。こちらの滑り台は、階段ではなく、ネットを使って、登っていく珍しいタイプの滑り台です。

国立武蔵丘陵森林公園

雨の日でも遊べるように、ドームの中にも、滑り台やボールプールなどの遊具がありますよ。

国立武蔵丘陵森林公園

子供に人気のターザンロープもありますよ。

インスタグラム

久々の休みは良い空気満喫しに家族連れて森林公園に。 高所無理なオヤジとは対照な息子。

momoset03さん(@momoset03)がシェアした投稿 –

冒険コース(アスレチック)

国立武蔵丘陵森林公園 西口には、本格的なフィールドアスレチックを体験できる『わんぱく広場冒険コース』があります。全部で24種類のアスレチックに、チャレンジしてみては。 国立武蔵丘陵森林公園 こちらは、12番目の『空中散歩』というアスレチックですが、下に落ちないように、ロープや丸太の上を進んでいきます。かなり距離が長い本格的なアスレチックですよ。 国立武蔵丘陵森林公園 アスレチックの定番のネットの上を登っていくアスレチックや 国立武蔵丘陵森林公園 ピラミッドロープという名前のロープで出来たアスレチックで遊べたり 国立武蔵丘陵森林公園 最後には、巨大なローラー滑り台もありますよ。 国立武蔵丘陵森林公園 こちらのローラー滑り台は、お尻に敷く板も無料で借りられるので、子供に大人気ですよ!!

インスタグラムの写真

 

 

次のページでは、バランスボールで遊べる西口広場や、じゃぶじゃぶ池をご紹介します。

ページ: 1 2 3 4 5 6

2017-04-24

施設概要

施設名国営武蔵丘陵森林公園
住所埼玉県比企郡滑川町山田1920
電話番号0493-57-2111
営業時間<3月~10月>
・9:30~17:00

<11月>
・9:30~16:30

<12月~2月>
・9:30~16:00
定休日・年末年始(12月31日、1月1日)
・1月の第3、第4月曜日
料金<入園料>
・大人:410円
・子供:80円
・未就学児:無料
・シルバー:210円
※GWなど、無料開放日もあり。(詳しくは、公式サイトをご覧ください)
公式サイトhttp://www.shinrinkoen.jp/
Instagramhttps://www.instagram.com/explore/locations/850673896/
アクセス東武東上線『森林公園駅』北口より、南口入り口まで約3km
※バスは、立正大学行、熊谷駅南口行、森林公園南口行があります。

駐車場有料駐車場有
※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

Googleマップで開く

口コミを投稿するには会員登録ログインが必要です。

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!