【航空科学博物館 成田空港】飛行機のコックピットに座れる!

航空科学博物館 成田空港

今回は、成田空港の近くの柴山町にある『航空科学博物館』をご紹介します。ボーイング747の機首部分が実物であって操縦席に座れたり、屋外に展示されている飛行機のコックピットに座れたりと、飛行機好きの子供には大満足の博物館です。また、5階の展望台からは成田空港の滑走路などが間近で見られるため、実際に離着陸飛行機を眺めるのもオススメですよ。

航空科学博物館のご紹介

航空科学博物館へ

航空科学博物館は、成田空港や成田駅から路線バスに乗れば、目の前にバス停があるので便利ですよ。1時間に2本程度の頻度でバスが運行しているので、電車の人もアクセスしやすいかと思います。なお、無料駐車場が300台あるので、車の方も便利ですよ。

入口&入場料

航空科学博物館 成田空港

入場料は、大人500円、中高生400円、4歳~小学生:300円と、リーズナブルですよ。また、20%割引のクーポン券が配布している場所もあるようです。芝山千代田駅をご利用の人は、駅員の方に依頼すると、頂けるようです。

ボーイング747

航空科学博物館 成田空港

1階の入り口を入ってすぐ外の場所に、ボーイング747の機首部分が展示されています。エントランスホールでは、ボーイング747の機首部分を切り取っている過程などをスライドで紹介しています。

航空科学博物館 成田空港

解説が書かれています。ボーイング747は、1969年に製造が開始されたそうです。こちらの飛行機は1980年~2004年まで活躍していたそうです。なお、ボーイング社の飛行機の機首部分のことをセクション41と言うそうです。

航空科学博物館 成田空港"

一番大きな展示物のボーイング747の機首部分です。間近で見ると、とても巨大ですよ。なお、普通の人は、階段を登ってコックピットまで行くことはできませんが、チケットを購入した人は、こちらの階段を登って、コックピットに座れる体験コーナーがあります。

航空科学博物館 成田空港

ボーイング747の機内ツアーガイドは、1人500円で参加できます。人数に限りがあるので、興味がある人は、こちらの博物館に入ったら、すぐに予約することをオススメします。

 

次のページでは、1階の展示エリアをご紹介します。

ページ: 1 2 3 4 5 6 7

2016-12-05

施設概要

施設名航空科学博物館
住所千葉県山武郡芝山町岩山111-3
電話番号0479-78-0557
営業時間10:00~17:00
(最終受付:16:30)
※8月は、9時スタート
定休日毎週月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日)
年末年始
料金<入館料>
・大 人:500円
・中高生:300円
・こども(4歳以上) 200円
公式サイトhttp://www.aeromuseum.or.jp/index.htm
アクセス・成田空港第1ターミナル1階30番乗り場・第2ターミナル3階5番・14番乗り場より、AMB南三里塚行きの路線バスにて、『航空科学博物館バス停』にて下車
 (土日祝祭日はすべて航空科学博物館行きとなります)。

・JR成田駅より、航空科学博物館行き(一部さくらの山経由)の路線バスにて、『航空科学博物館バス停』にて下車。
駐車場無料駐車場有(300台)
※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

Googleマップで開く

口コミ

  1. Ken より:

    一緒に行った人:子供と一緒 (年中・年長)

    口コミ評価 5

    成田のアスレチックに行った後に、立ち寄りました。
    色んな飛行機が置いてあって、コックピットに座れるので、息子は大満足!!
    色んな飛行機に乗って、パイロットの気分を味わっていました。
    中の展示物よりも、外に展示されている飛行機やヘリコプターの方が面白かったようです。
    料金も安いので、おススメですよ。

口コミを投稿するには会員登録ログインが必要です。

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!