【日産自動車横浜工場見学 エンジンミュージアム】ネットで予約可能!

日産自動車横浜工場見学(エンジン博物館)

今回は、日産自動車の横浜工場の工場見学をご紹介します。

横浜工場は、日産自動車の一番最初の工場で、現在は、車の組み立てではなくエンジンを製造しています。平日のみですが、個人がネットで予約でき、人気の工場見学ですよ。

また、敷地内には、予約なしでも入ることができる日産エンジンミュージアムもあるので、一緒に見学してみては。

スポンサードリンク

日産自動車横浜工場 工場見学のご紹介

予約の取り方

日産横浜工場

日産の横浜工場の工場見学は、小学校の修学旅行などの団体でなくても、個人でインターネットで予約することができます。

工場見学は、月曜日から金曜日までの平日で、第1回が10時~12時、第2回が14~16時の1日2回、1回につき60名まで見学可能となっています。

なお、予約は、見学希望日の3か月前の朝8時から受付可能となっているので、夏休などの混雑シーズンを希望する人は早めに予約することをオススメします。

予約は、『日産自動車横浜工場の工場見学公式サイト』から受け付けています。

アクセス

日産自動車横浜工場見学(エンジン博物館)

日産自動車横浜工場は、新子安駅から徒歩17分ほどの距離にあります。タクシーでワンメーターの距離なので、駅からタクシーの利用が便利だと思います。

なお、車で行く人は、工場内に駐車可能なので、申し込みの際に、車利用と記載してくださいね。

日産自動車横浜工場見学(エンジン博物館)

タクシーで5分ほどで日産自動車横浜工場に到着します。

日産エンジンミュージアム

日産自動車横浜工場見学(エンジン博物館)

日産自動車横浜工場の中には、予約をしなくても見ることができる日産エンジンミュージアムがあります。

こちらの展示は、工場見学の前や後にもじっくり見ることができますよ。

日産自動車横浜工場見学(エンジン博物館)

1階には1935年に日産が初めて量産した小型車ダットサンが展示されています。こちらの車は、まだエンジンも動くようにメンテナンスされているそうです。

日産自動車横浜工場見学(エンジン博物館)

歴代のエンジンが展示されています。

日産自動車横浜工場見学(エンジン博物館)

2階には、日産自動車の歴史が紹介されています。日産と言う名前は、日本産業という名前を省略して、日産となったことを初めて知ることができました。

日産自動車横浜工場見学(エンジン博物館)

子供が好きそうなジオラマも置いてあります。

工場見学のコース

工場見学は2時間弱のコースとなっています。それぞれを紹介していきます。

①教室での説明

日産自動車横浜工場見学(エンジン博物館)

工場見学は、まず最初に、スタッフの方から教室で、日産自動車横浜工場について、スライドで説明してい貰います。

子供には、紙を工作して作るセレナや、日産自動車の車の作り方を説明してくれる資料などをもらえますよ。

②エンジンミュージアムでの展示紹介

日産自動車横浜工場見学(エンジン博物館)

その後、日産エンジンミュージアムで、エンジンの仕組みなどの紹介をしてもらいます。

日産自動車横浜工場見学(エンジン博物館)

また、展示されている日産リーフの充電も体験できますよ。ガソリンスタンドではガソリンを入れてことがあっても、電気自動車の充電は初めてなので、息子も張り切っていました。

③エンジン工場見学

その後、歩いて横浜工場の中へ。こちらは写真撮影がNGな為、写真はありませんが、エンジンが作っていく過程を順々に説明していただけます。

ロボットが自動でエンジンを組み立てる工程を見れたり、ロボット好きな子供には、かなり嬉しい空間ですよ。

また、最後には、実際のエンジン製造の過程での改善案を紹介している部屋で、エンジンの製造工程を体験できるコーナーがあります。この部屋では、実際に、ボルトを締める作業を体験できたり、製造工程の改善案で作られたピタゴラスイッチ的な装置を触ることができるので、自分の息子もかなり楽しそうにしていました。

④日産エンジンミュージアムの再度紹介

日産自動車横浜工場見学(エンジン博物館)

最後に、もう一度、日産エンジンミュージアムで、ロボットが絵を描いてくれる様子を見ることができます。

日産自動車横浜工場見学(エンジン博物館)

こちらのロボットは、キティちゃんとマーチの絵を器用に描いていました。こちらのロボットが描いてくれた絵は、後ほど、お土産で頂くことができますよ。

そして、2階で展示されている日産の歴史などを紹介してもらって、見学ツアーが終了となります。

お土産

日産自動車横浜工場見学(エンジン博物館)

追浜工場ではリーフのトミカをもらいましたが、横浜工場ではトミカではなく、セレナの玩具をお土産にもらいました。

こちらはトミカではなく、セレナの車体を組み立てることができる小さな玩具になっています。

 

次のページでは、追浜工場と横浜工場の違いなどをご紹介します。

ページ: 1 2 3

2017-05-23 2017-11-16

施設概要

施設名

日産自動車横浜工場(日産エンジンミュージアム)

住所 神奈川県横浜市神奈川区宝町2

電話番号

045-461-7090

営業時間<日産エンジンミュージアム>
・10:00~16:00

<工場見学>
・第1回:10:00~12:00
・第2回:14:00~16:00
定休日<日産エンジンミュージアム>
・日曜日
・ゴールデンウイーク
・夏季休暇
・年末年始休暇

<工場見学>
・土日祝日
料金

無料

公式サイト
Instagramhttps://www.instagram.com/explore/locations/327686135/
アクセス・JR「新子安駅」、京浜急行「京急新子安駅」より、徒歩約17分
・市営バス「新子安駅」より約10分「宝町」下車
駐車場無料駐車場有
スポンサードリンク

Googleマップで開く

※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

口コミを投稿するには会員登録ログインが必要です。

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!