【大磯ロングビーチプール】ウォータースライダーなど全プールをご紹介!

大磯ロングビーチプール

今回は、大磯ロングビーチをご紹介します。関東でもトップクラスに有名な屋外プールで、ウォータースライダーや波のプールや流れるプールや飛込プールなど、色んな種類のプールで1日遊べます。

スポンサードリンク

大磯ロングビーチのご紹介

アクセス

大磯ロングビーチプール

大磯ロングビーチは、大磯駅から無料送迎バスが出ています。車の方は、1日1,500円(ピーク2,000円)で駐車場を利用できますよ。

自分は7月の週末に行きましたが、駐車場待ちの行列はなく、スムーズに車を駐車することができました。

営業日時&利用料金

大磯ロングビーチプール

営業日時

2017年は7月8日~9月18日までオープンします。営業時間は、朝9時~夕方5時となっています。

利用料金

利用料金は、1日券と午後2時以降入場の割安チケットがあります。

1日券

  • 大人:3,800円
  • 中高生:2,600円
  • 小学生:2,100円
  • 未就学児:1,100円

2時以降入場

  • 大人:2,100円
  • 中高生:1,600円
  • 小学生:1,100円
  • 未就学児:600円

なお、7月は未就学児が無料となっているので、未就学児の子供がいる方はチャンスですよ。

また、ホテルに宿泊されている人は半額となります。

場内マップ

大磯ロングビーチプール

大磯ロングビーチのマップです。流れるプールや波のプールやウォータースライダーなど、全部で9種類のプールを楽しむことができますよ。

ウォータースライダー

大磯ロングビーチプール

全長140mのウォータースライダーで、高さ13.2mから滑っていきます。身長120cm以上で6歳から利用できるようになっています。

スライダーの種類はAコースとBコースの2種類あり、Aコースは開放感があるコースで、Bコースはトンネルが多くて、暗闇の中を進んでいくコースになっています。

小学生の子供の列と、一般の列と2つの列があって、自分が行った時には、一般の列は20分待ち程度、小学生の列は10分待ちくらいで滑ることができたので、息子は何回もリピートして、ウォータースライダーを楽しんでいました。

流れるプール

大磯ロングビーチプール

流れるプールは1周500mと、とても巨大なプールになっていますよ。流れるスピードは、それほど速くなく、コースの幅も広いので、ゆったりと流れるプールを楽しむことができますよ。

波のプール

IMG_4741

波のプールは、全部で3つあり、かなり広々としたプールですよ。通常の時間は、さざ波程度ですが、定期的に大波が楽しめる時間が設けられています。

一番端には、小さな子供向けの浅めの波のプールもありますよ。

飛込プール

大磯ロングビーチプール

飛込プールもチャレンジできます。こちらは、1m、3m、5m、10mの高さがあり、中学生以上で、講習を受けて10mダイバー認定書を貰う必要があります。

大磯ロングビーチプール

飛び込み台の反対側にある板から飛び込む場合には、講習を受けずに、普通に飛び込むことができるようです。

まずは、こちらの飛び込み台からチャレンジしてみては。

25mプール

大磯ロングビーチプール

しっかり泳ぎたい人は、25mプールもありますよ。他のプールが魅力的なので、こちらのプールは人気がなく、空いていますよ。

 

次のページでは、子供が楽しめるプールをご紹介します。

ページ: 1 2 3 4

4 1 5

口コミ

  1. けんパパ より:

    一緒に行った人:子供と一緒 (小学生低学年)

    口コミ評価 4

    大磯ロングビーチは、今まで行ったことがなかったのですが、本当に広くて、1日遊べるプールですね。ただ、プールと海水浴の両方が楽しめると思ったのですが、プールの前の海岸は海水浴場になっていないんですね。知りませんでした。次回は、大磯プリンスホテルに宿泊したいと思いました。

口コミを投稿するには会員登録ログインが必要です。

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!