【青梅かんぽの宿 日帰り温泉】夜は520円で入れる割安の温泉!

かんぽの宿青梅(日帰り温泉)

今回は、奥多摩・青梅エリアにある日帰り温泉『かんぽの宿 青梅』をご紹介します。

釜の淵公園の隣にあるので、バーベキューや川で水遊びをした後に、立ち寄るのに便利な場所にあります。露天風呂はありませんが、7階の大浴場から多摩川を眺めながら温泉に入ることができますよ。

また、営業時間は限定されていますが、18時以降は大人520円、子供260円とリーズナブルな料金になっていますよ。

かんぽの宿 青梅のご紹介

アクセス

かんぽの宿青梅(日帰り温泉)

かんぽの宿青梅は、釜の淵公園の近くにあるホテルとなっています。宿泊も可能ですが、日帰り温泉も可能な施設になっています。

青梅駅から2kmほどの距離なので、電車の方にもタクシーでワンメーターの距離ですよ。また、車の方も、無料駐車場があるので、便利ですよ。

入浴料金

かんぽの宿青梅(日帰り温泉)

入浴料は、時間によって異なります。お昼の部(10:30~16:00)は大人1,040円、子供520円となっていますが、夜の部(16~19時)は大人520円、子供260円と、奥多摩の中でもリーズナブルな料金設定になっています。

脱衣場

かんぽの宿青梅(日帰り温泉)

脱衣場は、珍しく床が畳になっています。

大浴場

 

かんぽの宿青梅(日帰り温泉)

大浴場は、温泉の浴槽と、普通のお湯の浴槽の2つがあります。露天風呂や水風呂やサウナなどはない、シンプルな造りになっています。

シャワースペースには、無料のシャンプーとボディーソープが置いてあります。

ビン牛乳

かんぽの宿青梅(日帰り温泉)

お風呂上りには、ビン牛乳を楽しむことができますよ。牛乳は100円、フルーツ牛乳も110円とリーズナブルな料金となっています。

温泉分析書

かんぽの宿青梅(日帰り温泉)

温泉は、アルカリ性単純温泉(低張性・アルカリ性・低温泉)となっています。温泉の利用方法は、加水・加温・消毒ありの循環ろ過式となっています。

釜の淵公園

かんぽの宿青梅(日帰り温泉)

かんぽの宿の隣には、バーベキューや川遊びができる『釜の淵公園』があります。河原も広いので、バーベキューやデイキャンプをするのに便利ですよ。

かんぽの宿青梅(日帰り温泉)

川も浅いエリアもあるので、水遊びも楽しめます。

 

次のページでは、インスタグラムの写真をご紹介します。

ページ: 1 2

2017-05-22

施設概要

施設名青梅かんぽの宿
住所東京都青梅市駒木町3-668-2
電話番号東京都青梅市駒木町3-668-2
営業時間<昼の部>
・10:30~16:00
※水曜日は11時30分~16時

<夜の部>
・18:00~21:00
料金<お昼>
・大人:1,040円
・子供:520円

<夜>
・大人:520円
・子供:260円
公式サイトhttps://www.kanponoyado.japanpost.jp/oume/daytrip/index.html
Instagramhttps://www.instagram.com/explore/locations/6069688/
アクセス・JR青梅線『青梅駅』より、駒木町循環バスで約2.5km(約10分)、郷土博物館入口下車徒歩約2分
駐車場無料駐車場有
※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

Googleマップで開く

口コミを投稿するには会員登録ログインが必要です。

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!