【青梅市花木園】東京で一番長いローラー滑り台で遊ぼう!

青梅花木園(211mの東京で一番長いローラー滑り台)

今回は、青梅市にある東京No1の長さのローラー滑り台を楽しめる『青梅花木園』をご紹介します。

長さ211mのローラー滑り台を無料で遊ぶことができるだけでなく、数は少ないですが、木製アスレチックでも遊べますよ。

スポンサードリンク

青梅花木園のご紹介

青梅花木園へ

青梅花木園(211mの東京で一番長いローラー滑り台)

青梅鉄道公園に行った後に、青梅花木園にも立ち寄ることに。駐車場は、春と秋の休日のみ300円の有料ですが、他の時期は無料で停められます。

案内図

青梅花木園

東京ドームと同じくらいの4万平米の広さの公園で、中央には、211mのローラー滑り台がありますよ。

ローラー滑り台

青梅花木園(211mの東京で一番長いローラー滑り台)

1枚の写真で写しきれないほど長いローラー滑り台です。大人の人は、滑り台のスタート地点まで登っていくだけで疲れてしまいます。

青梅花木園(211mの東京で一番長いローラー滑り台)

スタート地点からの写真です。山の傾斜に沿った滑り台になっていて、途中で左にカーブしていきます。

青梅花木園(211mの東京で一番長いローラー滑り台)

所々にスピードが出るポイントもありますが、基本的には、なだらかな傾斜になっていて、小さな子供でも楽しめるかと思います。

青梅花木園(211mの東京で一番長いローラー滑り台)

こちらローラー滑り台のゴールとなります。1回滑るだけでも、大人は疲れてしまいますが、息子は満足のようで、直ぐに、スタート地点まで向かっていきました。

インスタグラムの写真

221mのローラー滑り台 #自分でやると意外と頑張った #母お尻痛い

sao74さん(@sao74)が投稿した写真 –

 


次のページでは、アスレチックエリアをご紹介します。

ページ: 1 2 3

2017-01-16

施設概要

施設名青梅花木園
住所東京都青梅市小曾木4-2615-1
料金無料
公式サイトhttp://www.city.ome.tokyo.jp/koen/kabokuen.html
Instagramhttps://www.instagram.com/explore/locations/253580707/
アクセス<バス>
東青梅駅より、飯能駅南口行・河辺駅北口行バスに乗車。小曽木診療所前バス停にて下車。徒歩10分
駐車場駐車場有

<駐車料金>
・春季(3~5月)、秋季(9~11月)の土日祝日のみ有料(6~8月・12~2月は無料)
・駐車料金:普通車1回(300円)/大型車1回(1000円)
・利用時間:9:00~17:00
※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

Googleマップで開く

口コミ

  1. Ken より:

    一緒に行った人:子供と一緒 (年中・年長)

    口コミ評価 4

    東京で一番長い滑り台を無料で楽しめますよ。
    滑り台以外の遊具は少ないですが、青梅鉄道公園の両方を一緒に行ったので、有意義な1日となりました。

口コミを投稿するには会員登録ログインが必要です。

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!