【ジェリーフィッシュレイク】パラオでクラゲと一緒に泳ごう!

ジェリーフィッシュレイク(パラオ観光ツアー)パラオの世界遺産のロックアイランドの中にあるクラゲと一緒に泳げるジェリーフィッシュレイクを特集!

クラゲと言えば、海水浴の際にクラゲに刺されて嫌な印象を持っている人も多いかと思いますが、パラオのジェリーフィッシュレイクは普通のクラゲとはかなり違う特殊なクラゲです。

ジェリーフィッシュレイクは、昔は海だった場所が切り離された海水湖で、クラゲには天敵がいなかったために退化して、刺されても痛くない可愛いらしいクラゲが住んでいます。(無害と言われていますが、完全に毒はない訳ではないようなので、アレルギーがある方などはツアーの方に確認した方が良いと思います)

ジェリーフィッシュレイクに行けるツアー

ジェリーフィッシュレイク単体のツアーではなく、ミルキーウェイなど世界遺産のロックアイランドの他のスポットとセットになっているツアーに参加する形となります。

ジェリーフィッシュレクツアー

ジェリーフィッシュレイク(パラオのロングアイランドのクラゲ観光ツアー)ミルキーウェイとジェリーフィッシュレイクと無人島でのランチとシュノーケリングがセットになっている1日ツアーです。他のツアーと同様に、8時45分前後にホテルを出発して、4時過ぎにコロールに戻ってきます。料金は、税金(許可証)を含まずで、大人90ドル、子供50ドル程度です。

カヤック&ジェリーフィッシュレイクツアー

ジェリーフィッシュレイク(パラオのロングアイランドのクラゲ観光ツアー)上のツアーに、カヤックを追加したツアーで、料金は、税金(許可証)を含まずで、大人100ドル、子供55ドル程度です。

ロングビーチ&ジェリーフィシュレイク&ミルキーウェイツアー

ジェリーフィッシュレイク(パラオのロングアイランドのクラゲ観光ツアー)

ジェリーフィッシュレイクとミルキーウェイとロングビーチという3つの人気スポットを1日で楽しめるツアーです。料金は、税金(許可証)を含まずで、大人140ドル、子供85ドル程度です。

ジェリーフィッシュレイク&ミルキーウェイ半日ツアー

ジェリーフィッシュとミルキーウェイを半日でコンパクトに楽しめるツアーです。料金は、税金(許可証)を含まずで、大人95ドル、子供47.5ドル程度です。

許可証(100ドル)

ジェリーフィッシュレイクに行くためには、ツアー料金(100ドル前後)に加えて、許可証として100ドルを支払う必要があり、かなり高額の出費が必要です。ただし、5歳以下は許可証は不要なので、小さな子供がいる方は5歳以下のタイミングで行くことをオススメします。自分は、このタイミングで息子と一緒に参加しました。

ツアー会社比較&ネット予約

ネット予約比較サイト(VLTRA)

下の3社のツアーがネットで予約できるサイトです。5%OFFで予約できるので、オススメです。ジェリーフィッシュレイクのツアーは、こちらから予約できます。

インパック

HISと提携しているパラオの旅行代理店で、自分が滞在したパラオ・ロイヤル・リゾートにも予約デスクがありました。自分は、こちらで予約しましたが、親切なサービスで満足度も高かったですよ。

RITC

インパックと並んで、パラオの2大旅行代理店です。ただ、自分がサービスを使っていないので、何とも言えないのですが・・・。

アンテロープ

上の2社と比べると小さなツアー会社ですが、半日で行けるツアーが充実していて、ジェリーフィッシュツアーも午前と午後スタートの半日ツアーがありますよ。自分は、ジェリーフィッシュレクではないですが、他のツアーに参加しましたが、とてもアットホームな感じで、子供がいるファミリーにはオススメのツアー会社ですよ。

ツアーの内容

自分が参加したジェリーフィッシュレイクの様子をご紹介します。

ジェリーフィッシュレイク(パラオのロングアイランドのクラゲ観光ツアー)ジェリーフィッシュレイクに行くために、こちらで船を降りて、山道を歩きます。ツアー会社で購入した許可証がないと入れないので、忘れずにツアーに持参しましょう!

ジェリーフィッシュレイク(パラオのロングアイランドのクラゲ観光ツアー)船着き場の案内図です。ここで、湖の独特の環境を維持する為に、体と足を海水で洗います。

ジェリーフィッシュレイク(パラオのロングアイランドのクラゲ観光ツアー)海とは遮断された海水湖ということで、山を越える必要があります。急な山を登っていきます。

ジェリーフィッシュレイク(パラオのロングアイランドのクラゲ観光ツアー)登った後は、山道を下っていきます。結構急な坂道ですよ。

ジェリーフィッシュレイク(パラオのロングアイランドのクラゲ観光ツアー)10分弱歩くと、湖に入るエントリーポイントがあります。こちらで靴を脱いで、フィンを装着します。

ジェリーフィッシュレイク(パラオのロングアイランドのクラゲ観光ツアー)湖のエントリーポイントにはクラゲはいなくて、湖の中央部分まで泳いでいく必要があります。小さな子供は、スタッフの人がビート板を引っ張ってくれるので、楽に行くことが出来すよ!!息子もビート板に捕まっています。

ジェリーフィッシュレイク(パラオのロングアイランドのクラゲ観光ツアー)クラゲが遊泳している様子です。湖には、東京の人口と同じくらいのクラゲがいるそうですが、自分が行った時は、密集して湖がオレンジというほどは見られませんでした。

ジェリーフィッシュレイク(パラオのロングアイランドのクラゲ観光ツアー)水中を遊泳しているクラゲです。ジブリのポニョのモデルになったとも言われているとのことでした。ただ、息子に言うと、『ポニョは魚だよ、クラゲじゃないよ』と否定されてしまいましたが、ポニョと言われれば、ポニョっぽく見えてきますよね。

 

次のページでは、インスタグラムやYouTube動画を紹介します。

ページ: 1 2

2016-01-10

口コミを投稿するには会員登録ログインが必要です。

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!