【林試の森公園 武蔵小山】立派な木々の森で遊べる公園!

林試の森公園今回は、武蔵小山駅から歩いて行ける都内有数の自然が残る公園『林試の森公園』を特集!
明治時代からの林業試験場が公園になっているので、公園も広く、木々も立派で、都心にいても、自然を満喫できます。
また、春は桜、夏はジャブジャブ池、秋は紅葉と、四季を感じられるので、定期的にお出かけするのをオススメします。

スポンサードリンク

林試の森公園の紹介

林試の森公園へ

林試の森公園東急目黒線の『武蔵小山駅』で降りて、約10分ほど歩くと到着します。

林試の森公園の歴史

林試の森公園は、明治33年(1900年)6月に当時の農商務省林野整理局が「目黒試験苗圃」としてスタートし、その後「林業試験場」に名称を変更、林野庁の付属となり昭和53年まで使用されてきました。
そして、筑波研究学園都市の建設に伴い、移転した跡地を整備し、平成元年6月1日に「都立林試の森公園」として生まれ変わり開園しました。
その為、園内の木はどれも太くて、立派ですので、公園の歴史を感じられると思います。

公園の案内図
林試の森公園

案内図を見てもらうとわかるように、緑の中に公園が包まれています。面積は、東京ドーム約3個分と、都内に残る自然としては、有数の規模を誇っています。
公園は、遊具で遊べる2エリアと、運動が出来る広場、芝生で遊べる広場、水遊びが出来るエリア、デイキャンプのエリアと、たくさんあるので、それぞれ紹介します。

幼児コーナー

林試の森公園幼児コーナーは、公園内のほぼ中央にあり、小さな子供たちが遊べる遊具があります。周りには、木々が茂っているので、落ち葉を踏みながら、遊べる公園ですよ。ただ、せっかく林試の森公園というので、カラフルな遊具ではなく、木のぬくもりがある遊具が置いてあると、更に良いのですが・・・。

複合遊具

林試の森公園すべり台が付いている複合遊具で、幼児コーナーの目玉の遊具です。

シーソー

林試の森公園かわいらしいシーソーが1セット有ります。

スプリング遊具

林試の森公園クジラと馬のスプリング遊具が置いてあります。
他の公園と違って、スペースにゆとりがありますね。

お砂場

林試の森公園定番のお砂場もあります。比較的広めです。

木の遊具

林試の森公園唯一あった木のぬくもりがある遊具?です。木の丸太が2本置いてあり、またいで遊べますよ。

ベンチ

林試の森公園幼児コーナーは、お砂場の前のベンチやトイレの前のベンチなど、比較的座れる場所がたくさんあるので、パパママは座りながら、子供たちの遊びの様子を見れますよ。

 

冒険広場

公園の東側の芝生広場の近くにも、遊具で遊べる冒険広場があります。こちらは、幼児コーナーよりも、年齢が高い子供が遊べる遊具になっています。

ターザンロープ

林試の森公園冒険広場の目玉のターザンロープ。森の中で、ターザンロープで遊ぶのは、雰囲気抜群で、楽しいですよね。
座る部分は、板がついているタイプではなく、ゴムの塊を足で挟むタイプのターザンロープです。是非、チャレンジしてみてください。

 

複合遊具

林試の森公園すべり台はついていませんが、昇り降りを楽しめる遊具になっています。

林試の森公園反対側から撮った写真です。滑って降りられる鉄柱が付いています。

すべり台

林試の森公園もう一つの複合遊具は、すべり台が付いています。

林試の森公園すべり台の反対側の写真です。うんていが付いています。

ジャングルジム?

林試の森公園遊具の名前はわかりませんが、ジャングルジムっぽい遊具です。

 

次のページでは、ジャブジャブ池&バーベキュー場を紹介します。

ページ: 1 2 3 4

2015-09-14

施設概要

施設名林試の森公園
住所東京都品川区小山台2-6-11
電話番号03-3792-3800
料金無料
公式サイトhttps://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index003.html
アクセス東急目黒線『武蔵小山駅』より、徒歩10分
駐車場なし
※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

Googleマップで開く

口コミを投稿するには会員登録ログインが必要です。

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!