【西郷隆盛洞窟】西郷隆盛が西南戦争の最後に過ごした洞窟!

西郷隆盛洞窟

今回は、西郷隆盛が西南戦争の最後の5日間を過ごしたと言われている西郷隆盛洞窟をご紹介します。大きな洞窟でもなく、歴史に興味がない人にとっては退屈かもしれませんが、鹿児島市の西郷隆盛の足跡をたどる旅行をしている人には必須の場所ですよ。

西郷隆盛洞窟のご紹介

洞窟の紹介

西郷隆盛洞窟

西郷隆盛が、西南戦争の末期に、桐野千秋、別府晋平、村田新八、池上四朗といった西南戦争の幹部と共に過ごした洞窟と言われています。2月15日に挙兵してから、9月24日に自害するまでの西南戦争の最後の5日間を過ごしたとのことです。

西郷隆盛の洞窟

西郷隆盛洞窟

西郷隆盛が最後の5日間過ごしたと言われている洞窟です。隣り合わせの洞窟が2つありますが、奥深く続いている洞窟でもなく、ちょっとした窪みという印象でした。

西郷隆盛洞窟

2つの洞窟を合わせても10人くらいしか入れなそうな広さだと感じました。

西郷隆盛の碑

西郷隆盛洞窟

洞窟の前には、歴史が感じられる石碑が置かれています。ただ、いつ造られて、何と書いてあるかは理解できませんでした。

近場のオススメスポット

西郷隆盛洞窟資料館

西郷隆盛洞窟

西郷隆盛洞窟の隣にあるお土産屋さんには、西郷隆盛の銅像があります。かなり大きな西郷隆盛の銅像なので、記念写真を取ってみては。奥には、無料で入れる洞窟がありますよ。

西郷隆盛洞窟

洞窟の中には、西南戦争の様子を紹介した絵などが展示されています。

西郷隆盛洞窟

このような絵が展示されていますよ。

西郷隆盛洞窟

洞窟の中にも小さな西郷隆盛像がありますので、ビックリしないでくださいね。

長寿泉

長寿泉

洞窟の反対側には、長寿泉という名前の温泉もありますよ。鹿児島市内には、たくさんの温泉があるので、お気に入りの温泉を探してみては。こちらの温泉は、自分は入っていないのですが、観光センターの人はオススメしてました。

源泉ドバドバの良い風呂だった。鹿児島は温泉好きにはたまらんばい。@mabrip

城山トンネル

城山トンネル(敬天愛人)

西郷隆盛の座右の銘『敬天愛人』が飾られているトンネルです。市役所前などから洞窟まで歩いていく途中の道路からトンネルを見ると、トンネルの上に額が掲げられているのが見えます。敬天愛人とは、『天を敬い、人を愛する』ということです。

西郷隆盛終焉の地

IMG_9363

明治10(1877)年9月24日、西南戦争の最終末にあたり、西郷隆盛以下彼に従った幹部が自刃ないしは戦死したと言われている場所です。西郷隆盛洞窟から歩いて、15分程度となっています。西南戦争で傷ついた西郷隆盛の気持ちになって歩いてみては。

インスタグラムの写真&コメント

Instagram media hasura2323 - 近くに終焉の地も。 合掌。 #西郷隆盛

近くに終焉の地も。合掌。@hasura2323

Instagram media sai31sai - #西郷隆盛洞窟 西南戦争終焉末期の5日間を過ごした洞窟。#私学校 #おはんらにやった命

#西郷隆盛 西南戦争終焉末期の5日間を過ごした洞窟。#私学校#おはんらにやった命@sai31sai

Instagram media gaikin_japan - 西郷隆盛洞窟 #鹿児島市

gaikin_japan

勝手に口コミ評価

西郷隆盛の洞窟自体は、小さな洞窟が2つあるだけなので、歴史に興味がない人にとっては、少し退屈してしまう場所だと思います。ただ、明治維新や西郷隆盛の歴史に興味がある人にとっては感慨深い場所だと思うので、オススメですよ。

総合 ★★★☆☆
施設充実度 ★★☆☆☆
雰囲気 ★★★★☆
料金 ★★★★★
アクセス ★★☆☆☆
2016-03-07

施設概要

施設名西郷隆盛洞窟
住所鹿児島県鹿児島市城山町19-2
定休日なし
料金無料
参照サイトhttp://www.kagoshima-kankou.com/guide/51673/
アクセス<電車>
・市電『市役所前駅』より、徒歩15分
駐車場無料駐車場有
※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

Googleマップで開く

口コミ

  1. Ken より:

    一緒に行った人:一人旅

    口コミ評価 3

    洞窟という名前ですが、木の根っこにあるくぼみのような場所で、ここに隠れるのは、心細かったのではないかと感じました。
    西郷隆盛や歴史好きな人には、オススメです。

口コミを投稿するには会員登録ログインが必要です。

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!