【旧芝離宮恩賜庭園 浜松町】桜や紅葉が楽しめる由緒ある日本庭園!

旧芝離宮恩賜庭園 浜松町今回は、JR浜松町駅の隣にある日本庭園『旧浜離宮恩賜庭園』を特集!
入場料が150円必要となりますが、オフィス街のビルに囲まれていますが、庭園内の静寂な雰囲気と四季の移り変わりを感じてみては。
春には桜の花見、初夏には紫陽花、秋には彼岸花や紅葉を楽しむことが出来ますよ。

スポンサードリンク

旧芝離宮恩賜庭園の紹介

旧芝離宮へ

旧芝離宮恩賜庭園 浜松町JR浜松町駅の北口を降りて、海の方に歩くと直ぐに、旧芝離宮恩賜庭園の入口が見えます。

由来

旧芝離宮恩賜庭園 浜松町面積は、ほぼ東京ドームと同じくらいの巨大な庭園は、江戸時代に老中・大久保忠朝によって、作られました。幕末には、紀州徳川家の屋敷になり、明治になると、宮内庁によって買い上げられ、迎賓館になったそうです。関東大震災によって、洋館は焼失し、庭園のみが残り、昭和13年に一般公開がスタートしたそうです。

案内図

旧芝離宮恩賜庭園 浜松町庭園の案内図です。真ん中に大きな池があり、まわりを一周できるようになっています。

入口

旧芝離宮恩賜庭園 浜松町こちらの入口で、入館料150円を払います。

庭園の見どころ

旧芝離宮恩賜庭園 浜松町庭園の周りは、オフィスビルが立ち並んでいます。綺麗な庭園になっているので、和装の新郎新婦が写真撮影をしていました。

雪見灯篭

旧芝離宮恩賜庭園 浜松町巨大な雪見灯篭が池の畔にあります。苔が生えていて、風情を感じられます。

大山

旧芝離宮恩賜庭園 浜松町大山と呼ばれる小山が築かれています。

旧芝離宮恩賜庭園 浜松町大山の上からの池を眺めた景色です。

石柱

旧芝離宮恩賜庭園 浜松町茶室で使われていた石柱が残っています。

西湖の堤

旧芝離宮恩賜庭園 浜松町中国の杭州にある西湖の蘇堤を模した石造りの堤です。綺麗な写真が取れるポイントだと思います。

蓬莱山

旧芝離宮恩賜庭園 浜松町西湖の堤を渡って、中島に着くと、中国で仙人が住んでいると言われる蓬莱山があります。

八つ橋

旧芝離宮恩賜庭園 浜松町八つ橋を渡って、中島から池の畔に向かいます。

九尺台

旧芝離宮恩賜庭園 浜松町少し盛り土されている場所がありますが、明治天皇が行幸した際、ここの上から漁師たちの様子を眺めたそうです。今では、オフィス街になっていて、まったく海は見えませんが、明治時代は漁師の様子がここから見えたんですね。

海水取水口跡

旧芝離宮恩賜庭園 浜松町現在は、淡水湖となっていますが、昔はここから海水を取り入れていたそうです。

藤棚

旧芝離宮恩賜庭園 浜松町入口入ってすぐにある藤棚です。木陰が出来ているので、日差しが強い時には、一休みできますよ。

洋館跡

旧芝離宮恩賜庭園 浜松町明治時代に造られていた迎賓館で使われていた大理石の一部が展示されています。関東大震災で焼失してしまいました。

 

次のページでは、四季を感じられるインスタグラムの写真を紹介します。

ページ: 1 2

2015-11-17

施設概要

施設名旧芝離宮恩賜庭園
住所東京都港区海岸1-4-1
電話番号03-3434-4029
営業時間9:00~17:00
(最終受付 16:30)
定休日年末年始
料金<入園料>
・中学生以上 150円
・65才以上  70円
※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料。
公式サイトhttp://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index029.html
アクセス<電車>
・JR山手線・京浜東北線『浜松町駅』北口より、徒歩1分
・大江戸線・浅草線『大門駅』より、徒歩3分
ゆりかもめ『竹芝駅』より、徒歩10分
駐車場なし
※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

Googleマップで開く

口コミを投稿するには会員登録ログインが必要です。

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!