【スパガーディッシュ 港北天然温泉】源泉かけ流しの日帰り温泉!

港北天然温泉スパガーディッシュ今回は、横浜市港北にある日帰り温泉施設『港北天然温泉 スパガーディッシュ』を特集!!
複合商業ビル『港北みなも』の中に入っている日帰り温泉施設です。
源泉の湯量が豊富で、源泉かけ流しの大風呂があるのが特徴です。

スパガーディッシュのご紹介

スパガーディッシュへ

港北みなも今まで行ったことがない温泉を行こうと探していると、港北に源泉かけ流しの日帰り温泉があることがわかり、早速、カーシェアを借りて、第三京浜に乗って、スパガーディッシュへ。
どんな場所にあるか詳しく調べずに行ったので、ナビの目的地に複合商業ビルが現れて、ビックリしました。温泉の風情が味わえるか不安になりながら、駐車場へ。駐車場は、スパガーディッシュ利用者は3時間無料なので、安心して入れます。
ちなみに、電車でも横浜市営地下鉄の『センター北駅』もしくは『センター南駅』より、徒歩5分と駅近の施設です。

 

港北天然温泉スパガーディッシュ『港北みなも』の3階にある『スパガーディッシュ』に、到着。

利用料金

港北天然温泉スパガーディッシュ入場料は、土日だったので、大人1440円、子供822年となっていました。
ただ、ニフティ温泉のクーポンを利用することで、大人が1200円まで割引されます。
クーポンは、こちら
割引後でも1,200円と、1,000円を超してしまいますが、タオル&室内着も利用できるので、コストパフォーマンスは良い方だと思います。

館内案内図

港北天然温泉スパガーディッシュ受付がある3階は、リラクゼーションルームとレストランとリフレクソロジー・マッサージがあります。

港北天然温泉スパガーディッシュ4階が、温泉&ストーンスパがあるフロアになっています。

スパのご紹介

港北天然温泉スパガーディッシュ男性スパエリアに向かいます。それぞれのお風呂を紹介します。

洗い場

港北天然温泉スパガーディッシュ

洗い場のシャワー数も多くて、高級感がありました。シャンプーやボディーソープも備え付けがあって、便利です。

源泉かけ流しの内風呂

港北天然温泉スパガーディッシュ

日帰りの温泉の施設では、循環式のお風呂となっている場合が、ほとんどですが、『ガーディッシュ』の内湯は15人くらい入れそうな広い浴槽にも関わらず、源泉かけ流しでした。源泉かけ流し好きの自分としては、大満足です。具体的には、加温・消毒ありの加水・循環ろ過なしの源泉かけ流しです。
お風呂は、褐色のしょっぱい温泉でした。
都内や神奈川の日帰り温泉で、源泉かけ流しのお風呂があったのは、『前野原温泉 さやの湯』と宮前平の『湯けむりの庄』くらいでしょうか。

露天風呂(炭酸泉)

港北天然温泉スパガーディッシュ

温泉に炭酸を注入した炭酸泉。
露天風呂になっています。壁があるので、周りの眺めは見れませんが、空は見えます。
こちらの温泉は、循環式になっていて、お湯は内風呂と異なり、ほとんど透明のお湯になっていました。

ミルキーバス

港北天然温泉スパガーディッシュ

こちらの温泉には、露天風呂が3種類ありますが、そのうち一つがミルキーバスです。
細かい泡が注入されていて、ミルクのような白濁としたお湯になっています。

ハーブ湯

港北天然温泉スパガーディッシュ

3つ目の露天風呂が、ハーブ湯でした。
自分が入ったときは、ラベンダー湯で、かすかにラベンダーの臭いがしました。

寝ころび湯

港北天然温泉スパガーディッシュ

5人寝ころべるようになっているスペースです。一人の幅が広く、リラックスできる空間でした。本当に、ぐっすり寝れそうです。

マッサージバス

港北天然温泉スパガーディッシュ

4つのコーナーの内、半分が座るタイプで、もう半分が高さが違う場所にジャグジーがありました。
疲れ場所をジャグジーのパワーで、ほぐせます。

低温バイブラバス

港北天然温泉スパガーディッシュ

温水プールよりも、もう少し温度が高いくらいのお湯でした。水風呂はちょっと辛いけど、長湯したい場合には、こちらでクールダウンするのも良いと思います。

水風呂

港北天然温泉スパガーディッシュ

キンキンに冷えた水風呂です。サウナや温泉と交互に入って、体をクールダウンできますよ。

スチーム腰掛湯

港北天然温泉スパガーディッシュ

ちょっと不思議なサウナで、足湯をしながら、スチームサウナを味わうことが出来ます。
自分が行ったときは、レモングラスのスチームで、癒されました。

フィンランドサウナ

港北天然温泉スパガーディッシュ

TVもついているフィンランドサウナです。広くて、しっかり汗をかけそうです。

温泉成分

港北天然温泉スパガーディッシュ

泉質はナトリウム‐塩化物泉となっており、褐色のしょっぱい温泉でした。『高張性』とは、温泉の成分の方が、体の水分よりも濃いため、養分が体に吸収されやすいことを表しています。
揚湯量は270ℓ/分と、東京近郊の温泉では湯量の多いため、源泉かけ流しができるんですね。

港北天然温泉スパガーディッシュ詳しい成分表がありましたので、写真を撮りました。

 

次のページでは、休憩スペース&口コミ評価をご紹介します。

ページ: 1 2

2015-09-07

施設概要

施設名港北天然温泉 スパガーディッシュ
住所横浜市都筑区中川中央2-7-1 港北みなも3階
電話番号045-595-0260
営業時間10時~24時
(最終入館受付23時)
定休日偶数月の第1水曜日
料金<平日>
・大人 1,234円
・子供  720円
※時間制限なし

<平日夜入館>
・大人 926円
・子供 515円
※21時以降の入館

<土日祝>
・大人 1,440円
・子供   822円
※利用時間は、5時間まで


公式サイトhttp://www.gardish.com
アクセス・横浜市営地下鉄「センター北」駅より、徒歩約5分
・横浜市営地下鉄「センター南」駅より、徒歩約5分
駐車場無料駐車場有(1000台)

<駐車料金無料の時間>
・通常3時間無料で、利用料金によっては5時間まで無料
・5時間無料は、5000円以上の利用が必要

<追加料金>
・150円/30分
※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

Googleマップで開く

口コミを投稿するには会員登録ログインが必要です。

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!