【杉並区立郷土博物館 和田堀公園】古民家が素敵なミニ博物館!

【杉並区立郷土博物館 和田堀公園】古民家が素敵なミニ博物館!

杉並区立郷土博物館(和田堀公園)

今回は、杉並区の和田堀公園の中にある博物館『杉並区立郷土博物館』をご紹介します。杉並区の歴史を紹介している常設展や、杉並区の古民家を移築して展示しています。料金も大人100円、中学生以下無料とリーズナブルなので、和田堀公園と一緒に立ち寄ってみては。

スポンサードリンク

杉並区立郷土博物館のご紹介

アクセス

杉並区立郷土博物館(和田堀公園)

杉並区立郷土博物館は、永福町駅や方南町駅から徒歩15分程度の場所で、和田堀公園に接している場所にありますよ。

案内図&利用案内

杉並区立郷土博物館(和田堀公園)

杉並区立郷土博物館は、中央に博物館があり、左右に、古民家や長屋門があります。

開館時間は、午前9時~午後5時で、毎週月曜日・第3木曜日が休館日となっています。

料金は、大人100円、中学生以下無料となっています。

 

旧井口家住宅長屋門

杉並区立郷土博物館(和田堀公園)

杉並区立郷土博物館の入口には、立派な門が出迎えてくれます。

杉並区立郷土博物館(和田堀公園)

こちらの門は、宮前五丁目の井口家の表門として使われていたものとのことで、昭和49年に杉並区に寄贈されたとのことです。

井口家は、大宮前新田を開発し、代々、名主を勤めてきたとのことで、格式の高さがうかがえるとのことです。

建築年代は、江戸時代の文化・文政頃と推定され、もともと茅葺屋根でしたが、防火上、茅葺屋根の形に銅板が葺かれているとのことです。

機織機

杉並区立郷土博物館(和田堀公園)

蔵屋には、機織機など、昔使われていた道具が展示されています。

杉並区立郷土博物館(和田堀公園)

絹を作るための道具も展示されており、こちらは蚕に桑の木を与えるときに使用した『このめ』とのことです。

旧篠崎家住宅主屋

杉並区立郷土博物館(和田堀公園)

博物館の奥にも、古民家が展示されています。

杉並区立郷土博物館(和田堀公園)

こちらの古民家は、旧篠崎家住宅主屋とのことで、元々、上井草にあった建物が、移築されたものとのことです。

杉並区立郷土博物館(和田堀公園)

実際に、建物の中にも入ることができ、昔ながらの竈もありますよ。

杉並区立郷土博物館(和田堀公園)

囲炉裏がある板の間となっています。

杉並区立郷土博物館(和田堀公園)

一番奥には、畳の和室もありますよ。

 

次のページでは、杉並区の歴史を紹介する常設展示をご紹介します。

ページ: 1 2 3

施設概要

施設名

杉並区立郷土博物館

住所 東京都杉並区大宮1-20-8

電話番号

03-3317-0841

営業時間9:00~17:00
定休日月曜日(祝日の場合は、翌平日)
第3木曜日(祝日の場合は、翌平日)
年末年始
料金

大人:100円
中学生以下:無料

公式サイト
Instagramhttps://www.instagram.com/explore/locations/2324738
アクセス永福町駅より、徒歩16分
方南町駅より、徒歩17分
駐車場なし
スポンサードリンク

Googleマップで開く

※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

口コミ

  1. 藁ぶき屋根の古民家が素敵!

    口コミ評価 3

    :一人旅

    :2017年9月

    和田堀公園にある小さな郷土資料館です。30分くらいで見ることができますよ。杉並区の歴史を勉強出来たり、藁ぶき屋根の昔の家などが展示されています。小学生以上の子供で、色んな事に興味が出ているときに連れて行くと良いのでは。

口コミに、ご協力お願いします♪
未会員の方は、会員登録へ(30秒)!
会員の方は、ログインへ!

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!