【すずめのお宿緑地公園】古民家と竹林がある公園!

【すずめのお宿緑地公園】古民家と竹林がある公園!

すずめのお宿緑地公園

今回は、碑文谷八幡宮の近くにある目黒区の公園『すずめのお宿緑地公園』をご紹介します。

普通の公園とはちょっと違っていて、遊具はほとんどなくて、その代わりに竹林や古民家がありますよ。夏には地元の盆踊りも行われるそうなので、学芸大学周辺の方で行ったことがない方には、オススメです。すずめのお宿緑地公園と碑文谷八幡宮を散歩すると、東京にもこんな静かな場所があるんだと実感するのでは。

スポンサードリンク

すずめのお宿緑地公園のご紹介

由来

すずめのお宿緑地公園

竹林にたくさんのすずめがいたことから、『すずめのお宿』と呼ばれるようになったそうです。その後、この土地の所有者であった角田セイさんが寄付していただいた場所が、現在の『すずめのお宿緑地公園』となっているそうです。

遊具エリア

すべり台やブランコなど公園の定番遊具は残念ながらありません。すべり台などで遊びたい場合には、隣の碑文谷八幡宮にある児童公園も立ち寄ることをオススメします。

木のアスレチック遊具

すずめのお宿緑地公園

遊具の種類は少ないですが、目黒区の公園によくある丸太を使ったアスレチック遊具が置いてあります。

 

こちらも丸太をつかった遊具で、上に乗って遊べますよ。

ロッキングハッピー

すずめのお宿緑地公園

いろんな公園にあるロッキングハッピーがいました。

ベンチ

すずめのお宿緑地公園

こちらは、本物の木ではなく、木の形をした椅子があります。

中央広場

すずめのお宿緑地公園

公園の中央には、木や竹林で囲まれた広場があります。ちょっとしたボール遊びやバトミントンなど出来そうですね。夏には、地元の盆踊りが開かれるようです。

トイレ

すずめのお宿緑地公園

ちゅおう広場の脇には、トイレもありますよ。

竹林

すずめのお宿緑地公園

公園には、竹林が広がっています。江戸時代中期から、目黒の筍が有名だったらしく、筍の一大産地だったそうです。今となっては信じられないですが・・・。竹林の先にうっすらと見えるのが、古民家となります。

古民家

こちらには、栗山家を再現した古民家があります。月・火曜日以外の9時半~15時半までは無料で中に入ることが出来ますよ。残念ながら、自分が行った時には、もう締まっていましたが・・・。

インスタグラム

Hina Dolls for the girls festival on March 3. すずめのお宿公園の雛人形。 2018.2.18

Masami Sakaedaniさん(@sakaedm)がシェアした投稿 –

七夕飾り

天野恵一郎さん(@amano_keiichiro)がシェアした投稿 –

施設概要

施設名

すずめのお宿緑地公園

住所 東京都目黒区碑文谷3-11-22

営業時間<公園>
・24時間

<古民家>
・9:30~15:30
定休日<公園>
・無休

<古民家>
・月曜日・火曜日
 ※祝日の場合は公開。月と火曜日がともに祝日の場合は公開し、翌日が休館
・年末年始
料金

無料

公式サイト
Instagramhttps://www.instagram.com/explore/locations/9650254
アクセス<電車>
・東急東横線『都立大学駅』より、徒歩11分
・東急東横線『学芸大学駅より、徒歩17分
・東急大井町線・目黒線『大岡山駅』より、徒歩17分
駐車場駐車場なし
スポンサードリンク

Googleマップで開く

※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

口コミ

  1. 昔の学芸大学を味わえる!

    口コミ評価 3
    遊具で色々遊びたい子供には、ちょっと不満足かもしれませんが、自然や昔の東京を感じられる公園なので、一度は、訪れてみては。また、公園は、とても雰囲気が良いので、休日などリラックス&気分転換にも向いていると思います。

口コミに、ご協力お願いします♪
未会員の方は、会員登録へ(30秒)!
会員の方は、ログインへ!

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!