【太平館 大倉山 温泉銭湯】昭和レトロな黒湯の温泉!

【太平館 大倉山 温泉銭湯】昭和レトロな黒湯の温泉!

今回は、横浜の大倉山駅から徒歩10分の温泉銭湯『太平館』をご紹介します。

マンションの1階にある銭湯ではなく、昭和レトロな雰囲気の建物の銭湯で、真っ黒な黒湯を楽しめます。

スポンサードリンク

太平館の紹介

アクセス

太平館は、大倉山駅から徒歩10分ほどの場所にあります。

銭湯は昭和ロトろな建物で、銭湯の前にはミニ商店街になっています。

下駄箱

太平館(大倉山の黒湯温泉銭湯)

中に入ると、昔ながらの番頭台があって、そこで、大人料金470円を払いました。

脱衣場

太平館(大倉山の黒湯温泉銭湯)

昭和レトロの雰囲気漂う脱衣場。自分のお婆ちゃんの家のような雰囲気の木製枠の窓で、落ち着きます。ただ、建物は古いですが、中は掃除されていて、とても綺麗で、番頭の女性の方も親切な人で、自分の子供を番頭台に座らせてくれました。

クーラー

太平館(大倉山の黒湯温泉銭湯)

こちらも年季の入ったクーラーで、メーカーは今はなくなってしまったSANYOです。

マッサージチェア

太平館(大倉山の黒湯温泉銭湯)

現役のレトロなマッサージ機が置いてあります。料金はなんと20円で、実際に試してみましたが、2つの丸い玉が腰を押してくれます。

浴場

  

お風呂場は、富士山のペンキ絵のあるレトロな造りをしていて、濃厚な黒湯に入ることができますよ。

大田区などは黒湯の銭湯も多いですが、太平館ほど真っ黒な黒湯は見たことがありません。イカ墨のような色をしていますよ。

温泉成分表

太平館(大倉山の黒湯温泉銭湯)

太平館は、ラジウム温泉とのことで、最近閉鎖されてしまった綱島ラジウム温泉と同じく、この辺ではラジウム成分が含まれているようです。 温泉成分表によると、泉質は『ナトリウム-炭酸水素塩冷鉱泉』となっています。

『ナトリウム-炭酸水素塩冷鉱泉』は、肌の角質を取ってくれるという美肌効果があり、また、黒湯の成分である『腐植質』が保湿成分を含んでいて、冷え性の方に効果があるとのことです。

インスタグラムの写真&コメントの紹介

極楽極楽♨︎♨︎♨︎ #大倉山#太平館#銭湯

RyotaKawamuraさん(@ryota5k8)がシェアした投稿 –

勝手に評価

建物やマッサージチェアやクーラーなど昭和レトロな雰囲気が漂う温泉銭湯です。 5cmくらいで指が見えなくなるほどの濃さで、東京近郊の黒湯の中でもかなり濃い方だと思います。

総合 ★★★★☆
雰囲気 ★★★★☆
設備 ★★☆☆☆
温泉 ★★★★☆
アクセス ★★★☆☆

施設概要

施設名

太平館

住所 神奈川県横浜市港北区大曽根1-25-2

電話番号

045-531-0361

営業時間15:30~22:30
定休日毎週金曜日
料金

大人:470円
中学生:200円
未就学児:100円

公式サイト
Instagramhttps://www.instagram.com/explore/locations/316827266
アクセス東急東横線『大倉山駅』より、徒歩10分
スポンサードリンク

Googleマップで開く

※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

口コミ

  1. 濃厚な黒湯が楽しめるレトロ銭湯!

    口コミ評価 4.5

    :子供と一緒 (年中・年長)

    :2016年0月

    太平館は、温泉銭湯としてはメジャーではないかもしれませんが、本当に濃厚な黒湯が楽しめる銭湯です。自分が銭湯好きになったきっかけの場所です。

口コミに、ご協力お願いします♪
未会員の方は、会員登録へ(30秒)!
会員の方は、ログインへ!

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!