【ホテルメ湯楽々 鳥羽温泉】鳥羽水族館の後にオススメの日帰り温泉!

鳥羽温泉『ホテル湯楽々』日帰り温泉

今回は、伊勢志摩観光で、鳥羽水族館などの後に立ち寄りたい鳥羽温泉の『ホテルメ湯楽々』をご紹介します。宿泊はもちろん、日帰り温泉もOKとなっています。露天風呂もサウナもあって広々としているので、ゆっくり疲れをいやしてみては。ただ、残念ながら、1階にあるため、露天風呂や内湯から鳥羽の海を眺めることができません。

スポンサードリンク

『ホテルメ湯楽々』のご紹介

入浴料

鳥羽水族館の後に、日帰り温泉を探したところ、車で5分ほどの場所にある『ホテル湯楽々』に行くことに。入浴料は、大人1300円と、比較的高めの料金設定ですが、その分、バスタオルもハンドタオルもセットになっているので、手ぶらで入浴できますよ。

更衣室

鳥羽温泉『ホテル湯楽々』日帰り温泉

更衣室は、広々としています。3時過ぎに立ち寄ったので、客は自分だけで、温泉を独占できました。

露天風呂

鳥羽温泉『ホテル湯楽々』日帰り温泉

露天風呂です。6人くらいは入れる広さで、温度は比較的ぬるめとなっています。残念ながら、周りは柵で囲われているため、鳥羽の海を眺めながら、露天風呂に入ることができませんでした・・・。そこは、ちょっと残念ポイントですね。

内湯

鳥羽温泉『ホテル湯楽々』日帰り温泉

こちらのホテルは、内湯がとても広々としています。手前は普通の深さで、バイブラバスやジャグジーが楽しめるようになっています。奥は、深さ120cmと深いエリアになっていて、ジャグジーや打ち湯が楽しめるようになっていますよ

寝湯

鳥羽温泉『ホテル湯楽々』日帰り温泉

寝ころんで温泉に浸かれる『寝湯』です。枕の場所には、冷たい水が流れているので、頭を冷やしながら、温泉に入って、リラックスタイムを過ごしてみては。

サウナ

鳥羽温泉『ホテル湯楽々』日帰り温泉

ちょっと年季が入っていますが、広々としたサウナですよ。温泉だけでなく、サウナもセットで楽しめるのは、うれしいですよね。

水風呂

鳥羽温泉『ホテル湯楽々』日帰り温泉

サウナの隣には、キンキンに冷えた水風呂がありますよ。サウナと水風呂を交互に楽しんでみては。

あらわぎの由来

IMG_7777

鳥羽小浜温泉/あらわぎの湯は、地下2000メートルから噴出しており、雨が降った地上の水が2000メートルまで浸透するには何万年もかかることから、あらわぎの時代の水であることから、あらわぎの湯と名付けられたそうです。

温泉分析書

鳥羽温泉『ホテル湯楽々』日帰り温泉

泉質は、『アルカリ性単純温泉(低張性・アルカリ・高温泉)』となっています。アルカリ性の泉質は、余分な角質を溶かしてくれるため、美肌効果が期待できますよ。効能としては、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進などが期待できるとのことです。

休憩スペース

鳥羽温泉『ホテル湯楽々』日帰り温泉

お風呂からは鳥羽の海が見渡せませんでしたが、ロビーのソファからは鳥羽の海を眺めることができますよ。お風呂上りには、こちらに座って、絶景を楽しんでみては。

2016-08-21

施設概要

施設名ホテルメ湯楽々
住所三重県鳥羽市小浜町272-46 
電話番号0599-25-2829
営業時間15:00~23:00
(最終受付21:30)
料金大人:1,300円
子供:600円
公式サイトhttp://www.yulala.com/
アクセス<電車>
・JR・近鉄『鳥羽駅』より、徒歩10分
駐車場無料駐車場有
※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

Googleマップで開く

口コミ

  1. Ken より:

    一緒に行った人:一人旅

    口コミ評価 3

    鳥羽水族館に行った後に、近くにある温泉ということで、行きました。
    風呂は広々としていて素敵なのですが、露天風呂やお風呂から海の絶景が眺められないのが、ちょっと残念でした。
    ただ、観光で疲れた体を癒すことができるので、おススメですよ。鳥羽水族館から車で5分程度で行けます。

口コミを投稿するには会員登録ログインが必要です。

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!