【月の湯 中野銭湯】富士山のペンキ絵があるレトロ銭湯。サウナ無料!

月の湯(中野銭湯)

今回は、中野にある銭湯『月の湯』をご紹介します。

富士山のペンキ絵があるレトロ銭湯で、ジェット風呂や薬湯やサウナを楽しむことができますよ。

スポンサードリンク

月の湯のご紹介

アクセス

月の湯(中野銭湯)

月の湯は、中野と新宿の間にあり、中野富士見町駅から徒歩13分となっています。

月の湯(中野銭湯)

こちらが銭湯の入り口です。木の札の下駄箱に靴を入れて、中に入ります。

脱衣場

月の湯(中野銭湯)

昔ながらの番台スタイルの銭湯ですが、脱衣場の前には暖簾があって、脱衣場が見えなくなっているので、女性でも安心ですね。料金は、東京都の一律料金で、大人460円、小学生180円、未就学児80円となっており、サウナの追加料金は不要となっています。

脱衣場は木の板張りになっていて、レトロな雰囲気が漂っていますが、清掃が行き届いて綺麗でした。

月の湯(中野銭湯)

脱衣場の天井は高くて、格子模様の格天井となっています。また、扇風機が吊るされたいた跡が残っていますが、羽はなくなっていますよ。

お風呂場

月の湯(中野銭湯)

天井が高いレトロサウナで、壁には富士山のペンキ絵が描かれています。

2種類のお風呂とサウナが楽しめ、シャワースペースには無料のシャンプーとボディーソープがありますよ。

また、写真にはないですが、男湯と女湯の間に、鯉の九谷焼のタイルが貼られていますよ。

ジェット風呂

IMG_0806

ジェット風呂は44度くらいのアツ湯になっています。いろんな角度からジェットを楽しめるボディージェットと、冷たい枕が気持ちが良い座風呂の2種類のジェットがありますが、どちらもジェットの威力が強力でとても気持ち良いですよ。

薬湯

月の湯(中野銭湯)

2人くらいの小さな浴槽ですが、薬湯も楽しめます。こちらのお風呂は40度くらいのヌル湯になっているので、子供でも入りやすいですよ。自分が行った時には、漢方の『ふくじっこう』という薬湯になっていました。

サウナ

月の湯(中野銭湯)

3人くらいしか入れないコンパクトな造りのサウナですが、追加料金なしで入れますよ。

ただ、水風呂はないので、水シャワーで体をクールダウンですね。

次のページでは、インスタグラムの写真をご紹介します。

ページ: 1 2

2017-05-26 2017-11-16

施設概要

施設名

月の湯

住所 東京都中野区南台2-30-7

電話番号

03-3381-8786

営業時間15:00~23:00
定休日月曜日(祝日の場合は、翌日)
料金

大人:460円
小学生:180円
未就学児:80円

公式サイト
Instagramhttps://www.instagram.com/explore/locations/386936119
アクセス中野富士見町駅より、徒歩13分
駐車場なし
スポンサードリンク

Googleマップで開く

※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

口コミを投稿するには会員登録ログインが必要です。

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!