【月島温泉】温泉ではなく軟水の銭湯。薬湯&サウナ&水風呂も

img_9984 今回は、もんじゃ焼きで有名な月島にある銭湯『月島温泉』をご紹介します。 月島温泉という名前ですが、天然の温泉ではなく、軟水を利用した普通の銭湯ですが、普通のお風呂以外にも薬湯やサウナや水風呂もある施設が充実しているオススメの銭湯ですよ。

スポンサードリンク

『月島温泉』のご紹介

月島温泉へ

img_9972 月島温泉は、『もんじゃ焼き』のお店が集まっている『もんじゃストリート』沿いにあります。 img_9975 交番の隣のビルが銭湯になっていて、こちらのビルの2階が月島温泉になっています。 img_9977 月島温泉に向かうエレベーターの前には、立派な木彫りの看板と、奥には、観音様が祀られています。 img_9990 月島温泉の入り口です。中にある自動発券機でチケットを購入します。ちなみに、大人460円、小学生180円で、未就学児は大人同伴の場合は無料となっています。 サウナ利用の人は追加料金330円でレンタルタオルがセットで付いています。

img_9986

脱衣場は、天井は低いですが、綺麗でした。 img_9984 メインの白湯のお風呂ですが、温度は41度くらいで、息子も普通に入れるくらいの温度です。10人以上は入れそうな広々とした浴槽で、ジャグジーや、下から泡が出るバイブラバスや、電気風呂のエリアがありますよ。また、壁には富士山のペンキ絵などはないのですが、ミッキーマウスなどのディズニーのキャラクターのタイルを使っているので、子供が喜ぶかと思います。 img_9983 もうひとつの浴槽は薬湯となっています。自分が行った日は、実母散という生薬の漢方を使った薬湯で、匂いからして効能がありそうな感じがしました。休憩スペースには、実母散についての説明書きがあるので、お風呂上りに読んでみては。江戸時代に、徳川幕府から認められてという歴史ある漢方のようです。 img_9982 月島温泉自体が広い銭湯ではないですが、水風呂のスペースが広く取られています。3人くらいは入れそうで、サウナーの人にはオススメですよ。 img_9987 お風呂場の入り口を入って右手には、サウナがあります。こちらは追加料金330円で入ることができますよ。   次のページでは、近場のオススメスポットとインスタグラムの写真をご紹介します。

ページ: 1 2

施設概要

施設名

月島温泉

住所 東京都中央区月島3-4-5-2F

電話番号

03-3531-1126

営業時間【平日】14:30~23:45
【土日祭日】12:00~23:45
定休日年中無休
料金

<入浴料>
・大人:460円
・小学生:180円
・未就学児:80円

<入浴料+サウナ>
・790円

公式サイト
参照サイトhttp://www.268chuou.com/list/detail09.php
アクセス東京メトロ有楽町線・都営地下鉄大江戸線「月島」7番出口から徒歩6分
スポンサードリンク
3 1 5

Googleマップで開く

※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

口コミ

  1. Ken より:

    一緒に行った人:子供と一緒 (年中・年長)

    口コミ評価 3

    温泉という名前ですが、普通の銭湯です。ただ、マンションの2階の狭い銭湯ですが、普通のお風呂以外に、薬湯も水風呂もサウナもあって、結構設備が充実していると思いました。お風呂と水風呂も交互浴が大好きな息子も満足していました。月島にもんじゃを食べに行くなら、月島温泉もセットで行ってみては。

口コミを投稿するには会員登録ログインが必要です。

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!