【つくばエキスポセンター】プラネタリウムやH2ロケットなどが展示!

【つくばエキスポセンター】プラネタリウムやH2ロケットなどが展示!

つくばエキスポセンター

今回は、つくばエキスポで使われていた施設が現在も科学館として使用されている『つくばエキスポセンター』をご紹介します。

子供に科学技術に興味を持ってもらえるような展示がされていて、プラネタリウムも併設されています。 H2ロケットの実物大模型や南極の雪上車など、様々な展示物があります!

スポンサードリンク

つくばエキスポセンターのご紹介

つくばエキスポセンターへ

つくばエキスポセンター

つくばエキスポセンターは、真っ直ぐな遊歩道を歩いて、5分程度で到着します。

外観

つくばエキスポセンターエキスポセンターの入口です。左側には、プラネタリウムがあるため、球体の建物になっています!

案内看板

つくばエキスポセンター つくばエキスポセンターの案内図です。つくばエクスポの恒久記念施設ということで、エキスポのキャラクターが色んな所で登場します。 入場料は大人420円、子供210円となっています。プラネタリウムとのセットだと、大人820円、子供420円です。開園時間は、9:50~17:00となっています。

新幹線のミニSL

つくばエキスポセンター 電車好きの子供が乗りたがっていた新幹線のミニSL。残念ながら営業終了していました。

入口の展示

つくばエクスポの恒久記念施設ということで、つくばエクスポ関連の展示が正面にあります。

コスモ星丸

つくばエキスポセンター つくばエクスポのマスコットがお出迎えしてくれます。

パビリオンの制服

  つくばエキスポセンター 各パビリオンの制服が展示されています。

ノーベル賞受賞祝い

つくばエキスポセンター ちょうどノーベル賞が発表されたばかりのタイミングで行ったので、大村博士と梶田博士の受賞祝いのボードが掲げられていました。

海洋観測衛星1号『もも』

つくばエキスポセンター 日本で自主開発された初の地球観測衛星『もも1号』が展示されています。人工衛星は、ペラペラの金属のようなもので出来ているのが不思議ですよね。これでも宇宙は空気がないので、大丈夫なんだそうです。  

 

次のページでは、1階フロアの展示を紹介します。

ページ: 1 2 3 4 5 6

施設概要

施設名

つくばエキスポセンター

住所 茨城県つくば市 吾妻2−9

電話番号

029-858-1100

営業時間<通常>
・9:50~17:00
(入館は16:30まで)

<12・1月の平日>
・9:50~16:30
(入館は16:00まで)
定休日・毎週月曜日
・月末最終火曜日
・年末年始
・臨時休館あり
料金

<展示場>
・大人:420円
・子供:210円
 ※4~高校生が子供料金

公式サイト
アクセス<電車>
・つくばエキスプレス『つくば駅』より、徒歩5分(秋葉原⇔つくば間 45分)
駐車場無料駐車場有(60台)

※土日祝日は、駐車料金必要
・普通車 200円
・中型・マイクロバス・キャンピングカー 500円
・大型バス 1000円
スポンサードリンク

Googleマップで開く

※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

口コミ

  1. 色んな科学を学べる!

    口コミ評価 3

    :子供と一緒 (年中・年長)

    :2016年0月

    若干展示内容が古くて、原子力発電のイメージアップにつながるような展示もあって、個人的にはあまり好きではありませんでした。個人的には、屋外に展示されていた南極で活躍したぶるとーざーのような車が印象的です。

口コミに、ご協力お願いします♪
未会員の方は、会員登録へ(30秒)!
会員の方は、ログインへ!

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!