【鶴の湯 浅草橋銭湯】鶴の彫刻が可愛らしいレトロ銭湯!

鶴の湯 浅草橋銭湯

今回は、浅草橋にある銭湯『鶴の湯』をご紹介します。入り口の上に、鶴の絵が掘られている昭和2年に創業したレトロ銭湯です。浅草橋駅だけでなく、秋葉原駅からも歩いて行けます。

レトロ銭湯の雰囲気は抜群なのですが、お風呂がアツイので、気合を入れて入ってくださいね。

スポンサードリンク

『鶴の湯』のご紹介

鶴の湯へ

鶴の湯 浅草橋銭湯

鶴の湯は、台東区だけで3軒もありますが、こちらの鶴の湯は、浅草橋駅から徒歩5分くらいの場所にあります。

秋葉原駅からは、徒歩10分ほどで行けますよ。

鶴の湯 浅草橋銭湯

入り口の上には、くちばしで『つるの湯』と書かれた布をもった鶴の絵が彫刻されていますよ。

脱衣場

鶴の湯 浅草橋銭湯

フロントで入浴料大人460円、小学生180円、未就学児80円を払って、鶴の湯へ。

IMG_9501

脱衣場は、レトロ銭湯ならではの天井が高くて、昔懐かしい雰囲気が漂っていますよ。

IMG_9498

外には、小さな庭があって、灯篭が置かれていました。

お風呂場

鶴の湯 浅草橋銭湯

海から太陽が登る処を描いているタイル画がありますよ。

また、無料のシャンプーとボディーソープとシャンプーが置いてあるので、便利ですよ。

お風呂

 

浴槽は、ジャグジー風呂とバイブラバスの2つに分かれています。ただ、どちらも44度くらいのアツ湯なので、ご注意を。銭湯に慣れている自分でも、アツイと思う温度でした。

西口やきとん

IMG_9486

お風呂上りに、浅草橋駅近くにあるやきとん屋の『西口やきとん』へ。鶴の湯から歩いて5分ほどの場所にあります。食べログで、3.6の店で人気の庶民酒場です。

立ち飲みも可能で、奥にはテーブル席もありますよ。

IMG_9491

炭で焼いた『やきとん』を1本100円というリーズナブルな料金で食べられます。

IMG_9490

味も美味しくて、お財布にも優しくて、かなりオススメのお店ですよ。

詳しくは、『食べログ』をご覧ください。

 

次のページでは、インスタグラムの写真をご紹介します。

ページ: 1 2

2016-11-24

施設概要

施設名鶴の湯
住所東京都台東区浅草橋5-27-2
電話番号03-3851-4569
営業時間15:30〜24:00
定休日土曜日
料金大人:460円
小学生:180円
未就学児:80円
公式サイトhttp://taito1010.com/component/mtree/sento-list/tsuru_asakusabashi.html?Itemid=112
アクセス・JR総武線『浅草橋駅』より、徒歩6分
・JR・日比谷線・つくばエクスプレス『秋葉原駅』より、徒歩11分
駐車場なし
※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

Googleマップで開く

口コミを投稿するには会員登録ログインが必要です。

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!