【鶴の湯 千駄ヶ谷銭湯】富士山のペンキ絵が素敵なレトロ銭湯!(廃業)

渋谷区千駄ヶ谷にある銭湯『鶴の湯』 今回は、渋谷区千駄ヶ谷にある銭湯『鶴の湯』をご紹介します。富士山のペンキ絵が描かれていて、庭には池もあって、天井が格子状になっている昭和レトロ銭湯な銭湯ですよ。 なお、2016年12月末をもって廃業してしまうそうです。今しか入れないので、気になった人は、鶴の湯へ行ってみては。

スポンサードリンク

鶴の湯のご紹介

鶴の湯へ

渋谷区千駄ヶ谷にある銭湯『鶴の湯』 鶴の湯は、千駄ヶ谷駅や代々木駅から歩いて行ける場所にあります。立派な宮造りの銭湯ですよ。 渋谷区千駄ヶ谷にある銭湯『鶴の湯』 入り口も風情があります。木札の松竹鍵の下駄箱に靴を入れて、中に入ります。中は、昔ながらの番頭スタイルの銭湯で、入浴料は、大人460円、小学生180円、未就学児80円となっています。

脱衣場

渋谷区千駄ヶ谷にある銭湯『鶴の湯』 脱衣場もレトロな雰囲気です。窓の外には、池があって、東京の都心にはいるとは思えない雰囲気が漂っています。

坪庭

渋谷区千駄ヶ谷にある銭湯『鶴の湯』 写真では伝わりにくいですが、池には鯉が泳いでいますよ。

格天井

渋谷区千駄ヶ谷にある銭湯『鶴の湯』 天井は、格天井となっていて、レトロなファンが現役で活躍していますよ。

シャワーブース

渋谷区千駄ヶ谷にある銭湯『鶴の湯』 シャワーは備え付けになっています。壁には、タイルで描かれた海の風景が広がっていますよ。なお、備え付けのシャンプーやボディーソープはありませんので、ご注意を。

富士山のペンキ絵

渋谷区千駄ヶ谷にある銭湯『鶴の湯』 壁に富士山が描かれているレトロ銭湯の定番のような造りをしています。ペンキ絵は、描かれたばかりで、西伊豆の風景が描かれていました。

浴槽

渋谷区千駄ヶ谷にある銭湯『鶴の湯』 お風呂は、2つで、どちらも42~43度くらいで、ちょっと熱めの設定です。右側は、ジャグジーが楽しめる浴槽になっていて、左側は普通のお風呂となっています。   次のページでは、インスタグラムの写真をご紹介します。

ページ: 1 2

2016-09-30

施設概要

施設名鶴の湯
住所東京都渋谷区千駄ケ谷4−16−4
電話番号03-3402-5808
営業時間15:30~24:00
定休日月曜日
料金大人:460円
小学生:180円
未就学児:80円
公式サイトhttp://www.1010.or.jp/map/item/item-cnt-349
アクセス<電車>
・副都心線『北参道駅』より、徒歩4分
・JR『千駄ヶ谷駅』より、徒歩6分
・JR『代々木駅』より、徒歩9分
駐車場なし
※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

Googleマップで開く

口コミ

  1. Ken より:

    一緒に行った人:子供と一緒 (年中・年長)

    口コミ評価 3

    千駄ヶ谷にあるレトロ銭湯です。
    表参道の近くに、こんな銭湯が残っているのが意外です。
    レトロ銭湯好きな人に、オススメです。

口コミを投稿するには会員登録ログインが必要です。

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!