【上野大仏 上野恩賜公園】顔だけの大仏が、受験生の合格祈願に効く!

IMG_5069

今回は、上野恩賜公園にある上野大仏を特集!! 『鎌倉の大仏は知っているあるけど、上野に大仏なんてあったっけ?』と思われる人も多いと思いますが、実は昔は大仏があったのです。 ただ、受難の歴史を経て、現在は、大きな大仏様が鎮座しているのではなく、大仏の顔のレリーフのみ祀られています。 また、これ以上落ちることがないということから、受験生の合格祈願に効くと、最近知名度が上がっていているので、ご紹介します。

スポンサードリンク

上野大仏のご紹介

アクセス

上野大仏(上野恩賜公園)

上野大仏は、上野恩賜公園の桜並木がある『さくら通り』沿いにあって、上の案内図の赤で囲んである場所にあります。  

入口

上野大仏(上野恩賜公園)

さくら通り沿いに、上野大仏という案内板がでています。といっても、見上げても大仏らしいものは、見当たりませんが・・・。

開門時間

上野大仏(上野恩賜公園)

入園時間は午前10時~午後4時となっており、入園料は無料です。

大仏のレリーフ

  上野大仏(上野恩賜公園)

上野大仏と言う名前ですが、実際には、大仏自体はなく、大仏の顔だけが、レリーフになって、飾れています。

上野大仏の歴史

上野大仏(上野恩賜公園)

まず、江戸時代(1631年)に、土で釈迦如来像が造立されたとのことです。 1655~60年には銅仏に改められ、1698年には仏殿も建立されたとのことです。 ここから受難の時代が始まります。

上野大仏(上野恩賜公園)

1841年に火災に遭ったものの、1843年に、再度、大仏を新鋳し、仏殿も建てられたそうです。 上野大仏(上野恩賜公園)

しかし、せっかく、仏殿が造られたものの、明治8年(1875年)には、仏殿が撤去されていまいます。

上野大仏(上野恩賜公園)

更には、大正12年(1923年)、関東大震災で、仏像の顔が落ちてしまいます。 そして、第二次世界大戦の時には、軍の供出令によって、胴体を軍に供出し、顔だけとなっていまい、以降、顔は寛永寺に保管されていました。

 

上野大仏(上野恩賜公園)

関東大震災から50年後の1972年にパゴダが建設され、1977年に大仏様の顔がレリーフとして、現在の形で復活したとのことです。

そして、もうこれ以上、大仏の顔が落ちないことから、受験生の合格祈願に、ご利益があると言われています。

絵馬

上野大仏(上野恩賜公園)

境内には、合格祈願の絵馬がたくさん奉納されています。ただ、大仏の顔の絵馬って、ちょっとシュールですよね。

 

次のページでは、御朱印などをご紹介します。

ページ: 1 2

施設概要

施設名

上野大仏

住所 東京都台東区上野公園2−43

営業時間10:00~16:00
料金

無料

宗派天台宗
御本尊薬師瑠璃光如来
御脇侍日光・月光二菩薩
御神徳合格祈願
公式サイト
参照サイトhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E9%87%8E%E5%A4%A7%E4%BB%8F
参照サイトhttps://blogs.yahoo.co.jp/aromanonnon/29215233.html
アクセス上野駅より、徒歩7分
スポンサードリンク
3 1 5

Googleマップで開く

※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

口コミ

  1. Ken より:

    一緒に行った人:子供と一緒 (年中・年長)

    口コミ評価 3

    上野恩賜公園には、たくさん神社がありますが、受験生に人気の場所といえば、上野大仏だそうです。大仏の体がなくて、顔だけがあって、不思議な空間ですよ。

口コミを投稿するには会員登録ログインが必要です。

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!