【国立科学博物館】子供の好奇心を刺激する展示が満載!!

【国立科学博物館】子供の好奇心を刺激する展示が満載!!

国立科学博物館(上野恩賜公園)今回は、上野恩賜公園にある人気の施設『国立科学博物館』を特集!! 15年7月にリニューアルされ、体験型の学習が出来るコーナーが広がりました。 子供の好奇心を刺激できる展示がたくさんあり、大人が久しぶりに改めて見ても楽しい発見がたくさんなると思います。 しかも、高校生以下は無料で入れるので、お財布にも優しいですよ。 国立科学博物館は、日本館と地球館の2つの建物に分かれているので、それぞれご紹介していきます。

スポンサードリンク

国立科学博物館へ

D51の展示

国立科学博物館(上野恩賜公園)建物の外には、SLのD1が展示されています。こちらのD51は、運転席には入れません。

国立科学博物館の案内図

国立科学博物館(上野恩賜公園) 国立科学博物館の案内図です。日本館と地球館に分かれています。金曜日以外は9時~17時、金曜日は20時閉館となっています。 国立科学博物館(上野恩賜公園) 各フロアの案内です。展示物がたくさんありすぎて、じっくり見ていたら、1日かかってしまいそうです。時間がない人は、地球館だけを見る方が面白いと思います。

入場料

国立科学博物館(上野恩賜公園)高校生以下は入場料は無料で、大人は600円となっています。

日本館の紹介

地下1階の展示

フーコーの振り子

国立科学博物館(上野恩賜公園)入ってすぐにある展示です。階段の吹き抜けを使って、振り子が置かれていて、地球の自転を示しているそうです。

シアター360

国立科学博物館(上野恩賜公園)是非、訪れてほしいのが、シアター360。世界唯一のぜん プラネタリウムのように球体の建物の中に入り、360度全部に映像が流れていて、映像の世界の中に入り込んだような気持ちになります。 カメラの移動に合わせて、自分が空を飛んでいるような感覚になりますので、是非、行ってみてください。

1階の展示

1階の展示は、天体望遠鏡や時計や地震計や顕微鏡など、自然を観察する人類の歴史を紹介しています。

トロートン天体望遠鏡

国立科学博物館(上野恩賜公園)1階の展示の入り口にある天体望遠鏡。明治13年に日本に初めて導入された本格的な天体望遠鏡で、重要文化財になっています。

時計の展示

国立科学博物館(上野恩賜公園)壁掛け時計や懐中時計など色んな展示がされています。

地震計の展示

国立科学博物館(上野恩賜公園)明治以降の地震計の進化の歴史が展示されています。こちらは明治31年に開発された大森式地震計の展示です。

2階の展示

日本人の暮らしと自然を展示しています。 国立科学博物館(上野恩賜公園)日本の各地で発掘された色んな歴史の骸骨を展示してあります。

縄文時代の土器

国立科学博物館(上野恩賜公園)縄文時代の土器です。

江戸時代のミイラ

国立科学博物館(上野恩賜公園)江戸時代に造られたミイラがそのまま展示されています。髪の毛などが残っていて、リアルです。

忠犬ハチ公

国立科学博物館(上野恩賜公園)渋谷駅前の銅像がある忠犬『ハチ公』のはく製です。

ジロ

国立科学博物館(上野恩賜公園)南極物語で有名な、無人の何教区昭和基地で1年間生き抜いたタロ・ジロのジロのはく製が置いてあります。

ノコギリクワガタ

国立科学博物館(上野恩賜公園) 沖縄周辺で、それぞれ進化していったノコギリクワガタの標本が展示されています。

3階の展示

3階は、日本列島の生い立ちと素顔を展示しているフロアになっています。

フタバスズキリュウの展示

国立科学博物館(上野恩賜公園)日本で発掘されたフタバスズキリュウの実物標本です。当時高校生だった鈴木直さんが福島の双葉で発見したので、フタバスズキリュウと名付けられたようです。 国立科学博物館(上野恩賜公園)フタバスズキリュウのレプリカです。

アンモナイト

国立科学博物館(上野恩賜公園)色んな種類のアンモナイト化石が展示されています

屋久杉

国立科学博物館(上野恩賜公園)樹齢1600年の屋久杉が展示されています。とても巨大です。 国立科学博物館(上野恩賜公園)こちらの写真は、年輪をアップで撮影したものです。歳をとると、成長の幅がどんどん小さくなっていくんですね。

日本の海に住む生き物

国立科学博物館(上野恩賜公園)日本近海の海に住む生物が展示されています。

日本館の建物

国立科学博物館(上野恩賜公園)日本館は、1931年に建てられて、内装がとても素敵な建物です。重要文化財にも指定されており、是非、展示物だけでなく、日本館自体も見てくださいね。 国立科学博物館(上野恩賜公園) 次のページでは、地球館を紹介します。

ページ: 1 2

施設概要

施設名

国立科学博物館

住所 東京都台東区上野公園 7-20

電話番号

03-5777-8600

営業時間<金曜日以外>
・9:00 ~17:00(入館は16:30 まで)

<金曜日>
・9:00 ~20:00 (入館は19:30 まで)
定休日・毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は火曜日)
・年末年始(12月28日~1月1日)
・害虫駆除のための館内くん蒸期間
料金

大人・大学生:600円
※65歳以上と18歳未満は無料

公式サイト
アクセス・JR『上野駅(公園口)』より、徒歩5分
・東京メトロ銀座線・日比谷線『上野駅(7番出口)』より、徒歩10分
・京成線『京成上野駅(正面口)』より、徒歩10分
スポンサードリンク

Googleマップで開く

※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

口コミ

  1. 恐竜や動物好きの子供におススメ!

    口コミ評価 4.5
    あまりに広いので、全部も1日で見切ることは難しいですが、子供と一緒なら、恐竜コーナーや動物のはく製が展示されているコーナーがオススメですよ。また、幼児向けの室内遊び場もあるので、雨の日などには最適なのでは。週末などは人気で混雑するので早めの時間に行くことをオススメします。

  2. 1日じゃ回り切れない程!!

    口コミ評価 5
    施設の充実度&雰囲気充実度 4.5
    サービス・おもてなしサービス 3
    コストパフォーマンスコスパ 5

    :子供と一緒 (0~1歳、2~3歳、小学生低学年)

    :2017年11月

    もうかれこれ4.5回は訪れている博物館です。定例展示の他に期間限定の展示物のイベントも定期的に行われており、リピーターも多い博物館です。大きな公園内にある博物館であり、最寄駅の上の公園から結構歩きます。動物園や美術館、春には花見を楽しむ人々も多くいるので、早めのお出かけが無難です。恐竜や動物のはく製があり、中でも驚いたのが忠犬ハチ公のはく製です。周辺にはランチも食べれるお店もあり、充実しています。年に1度は訪れたい場所です。

口コミに、ご協力お願いします♪
未会員の方は、会員登録へ(30秒)!
会員の方は、ログインへ!

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!