【横浜アンパンマンミュージアム】無料でショーを楽しめる!

横浜アンマンパンミュージアム 今回は、赤ちゃんに圧倒的な人気を誇るアンパンマンのテーマパークをご紹介します。全国に6箇所、アンパンマンミュージアムがありますが、東京近郊の人が行きやすい『横浜アンパンマンミュージアム』を紹介します。入場料が必要なミュージアムと、無料で楽しめるショッピングモールの両方があります。まずは、有料のミュージアムを写真付きで紹介します。

スポンサードリンク

横浜アンパンマンミュージアムのご紹介

目次

ミュージアム入口

横浜アンパンマンミュージアム アンパンマンミュージアムに入る入口は、大きなアンパンマンが迎えてくれます。入場料は、大人も子供も1,500円となっています。子供には、小さな玩具がプレゼントされますよ。 横浜アンパンマンミュージアム 荷物がある人は、こちらのコインロッカーを使ってみては。好きなキャラクターのロッカーが開いていると良いですね。ベビーカーは、ロッカーの後ろに置くことができますよ。 横浜アンパンマンミュージアム こちらが入口です。1階は、展示がなくて、そのまま3階までエレベーターで上がります。

ミュージアムエリア3階案内図

横浜アンパンマンミュージアム ミュージアムの3階をご紹介します。最初には、アンパンマンたちが並んでいる『おむかえジオラマ』があり、左右に、それぞれ『はっけんジオラマ』と『たんけんジオラマ』がありますよ。

おでむかえジオラマ

横浜アンパンマンミュージアム エレベーターを降りると、直ぐに、アンパンマンたちが総集合しています。こちらで記念写真を撮ってみては。端から紹介していきます。 横浜アンパンマンミュージアム 『ながネギまん』や『はみがきまん』や『ハンバーガーキッド』たち 横浜アンパンマンミュージアム ロールパンナちゃん、メロンパンナちゃん、カレーパンまん、やきそばパンマン、やきそばかすちゃん、ニガウリマンたちがいますよ。 横浜アンパンマンミュージアム 中央には、もちろん、アンパンマン。 横浜アンパンマンミュージアム 隣には、しょくぱんまん、クリームパンダちゃん、だいこんやくしゃ、てっかのマキちゃん、など 横浜アンパンマンミュージアム 一番右側には、こきんちゃん、おむすびまん、しらたまさん、ちゃわんむしまろ、などがいますよ。

たんけんジオラマ

アンパンマンのキャラクターたちの世界観を再現したジオラマがありますよ。ちょっとレアなキャラクターのいるので、わかるかな?

バイキン城

横浜アンパンマンミュージアム バイキンマンやドキンちゃんが暮らすバイキン城です。中をのぞけるようになっていますよ。 横浜アンパンマンミュージアム ドキンちゃんがいるので、発見してみては。 横浜アンパンマンミュージアム バイキンUFOもありますよ。  

氷の女王&こおりおに&かぜこんこん

横浜アンパンマンミュージアム 氷の世界のジオラマで、氷の女王やか、『ぜこんこん』や、『こおりおに』などが登場しますよ。

くじらのくーたん

横浜アンパンマンミュージアム 海のジオラマです。くじらのくーたんがいますよ。

お祭り&畑

img_0352 野菜が育っている畑のジオラマです。下をのぞくと、土の中のにニンジンやダイコンを見ることができますよ。 横浜アンパンマンミュージアム 隣には、夏祭りのジオラマも。アンパンマンたちが盆踊りをしていますよ。

ハンバーガーキッズ&SLマン

横浜アンパンマンミュージアム アメリカの西海岸のようなジオラマです。 横浜アンパンマンミュージアム SLマンやハンバーガーキッドが登場しますよ。

すなおとこ

横浜アンパンマンミュージアム 砂漠のジオラマで、『すなおとこ』や『もぐりん』が登場しますよ。   次のページでは、アンパンマン号やもぐりんなどを紹介します。

ページ: 1 2 3 4 5

施設概要

施設名

横浜アンパンマンこどもミュージアム

住所 横浜市西区みなとみらい4-3-1

電話番号

045-227-8855

営業時間<ミュージアム>
10:00 ~ 18:00(最終入館17:00)

<ショッピングモール>
10:00 ~ 19:00

<アンパンマン&ペコズキッチン>
10:00 ~ 20:00(ラストオーダー19:00)
定休日元日(他に館内改装・保守点検等による臨時休業あり)
料金

<ミュージアム>
入館料金    1,500円(税込)(1歳以上)
※小学生以下のお子様には記念品付き。

ショッピングモールなど、ミュージアム以外のエリアは、入場料無料で楽しめます。

公式サイト
アクセスみなとみらい線『新高島駅』より、徒歩7分
市営地下鉄『高島町駅』より、徒歩7分
駐車場第一駐車場(40台)・第二駐車場(100台)
最初の一時間520円・以降270円/30分
※サービス券(割引券)の発行なし
スポンサードリンク

Googleマップで開く

※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

口コミ

  1. とにかくアンパンマンづくし!

    口コミ評価 3.5
    施設の充実度&雰囲気充実度 3
    サービス・おもてなしサービス 3.5
    コストパフォーマンスコスパ 3

    :子供と一緒 (2~3歳)

    横浜にあるアンパンマンミュージアム。休日に行ったので開園前から行列が出来ていました。中はとにかくアンパンマンのキャラクターがたくさんいます。滑り台、アンパンマンカー、小さなジオラマなどなど沢山のキャラクターが出迎えてくれます。時間帯によってはアンパンマンやバイキンマンの着ぐるみをきた人がいて写真を撮る事が出来ます。またアンパンマンミュージアムの隣はレストランになっていて、そこでもアンパンマングッズを見かけました。広さに比べて少し高いかなと感じましたが、子供がアンパンマン好きならきっと喜ぶと思います。

  2. 子どもがとにかく行きたがります!

    口コミ評価 4.5
    施設の充実度&雰囲気充実度 4.5
    サービス・おもてなしサービス 3.5
    コストパフォーマンスコスパ 3

    :子供と一緒 (0~1歳、2~3歳)

    :2016年0月

    子ども2人ともアンパンマンは大好きなので、とにかく行きたがります。昨日も「また行きたい」と言っていましたwですが我が家からは残念ながら遠いので、息子は3回、娘は1回しか行ったことがありません。もっと近かったら、毎月連れて行ってあげたいぐらいです。なんと言っても子どもたちは、不定期に滑り台横のスペースに現れて触れ合える、キャラクター達が嬉しかったようです。屋外ショーも室内ショーもとても喜び、真剣に見つめていました♪普通の平日に行ったときはかなり空いていましたが、日曜日や夏休み期間に行ったときはかなり混んでいたので、行くなら平日がおすすめです!

  3. フリースペースのショーでもいいかも

    口コミ評価 3

    :子供と一緒 (2~3歳)

    2歳のお誕生日記念に行ってきました。特に紹介したこともないですが、一番初めに覚えたのが「アンパンマン」。行列ができると聞き、開場前に行きましたが雨の日に傘をさしながら並ぶのは正直辛かったです。午前中は催しが多いので混雑するようですが、午後は全く並んでいませんでした。カラフルでたくさんのキャラクターがいるので、子どもはウキウキしていました。ただ食事も混んでいて気が休まる暇がなかったです。フリースペースでのショーもあるようなので、入場せずにそれだけ行けばよかった気もします。ランチくらいのんびりしたい方には数分の横浜野村ビルにもレストランがありました。

  4. フリースペースだけでも楽しめます。

    口コミ評価 3.5
    施設の充実度&雰囲気充実度 5
    サービス・おもてなしサービス 3.5
    コストパフォーマンスコスパ 3

    :子供と一緒 (0~1歳)

    :2017年10月

    入場料を払ってはいるエリアがあります。1歳の子供から大人まで一律1500円。人数分?のアンパンマンのキャラクターおもちゃが貰えます。フリースペースでは、定期的にアンパンマンのショーが行われていてこれだけでも十分に楽しめます。ジャムおじさんのパン工場のパンはどれもこれも忠実にキャラクターを再現しているパンです。皆さん大量に買っています。隣接しているレストランでは誕生日プレートがアンパンマンで写真まで取ってくれます。

口コミに、ご協力お願いします♪
未会員の方は、会員登録へ(30秒)!
会員の方は、ログインへ!

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!