【横浜銀行協会/旧横浜銀行集会所】横浜関内の近代建築!

横浜関内にある近代建築の建物『横浜銀行協会(旧横浜銀行集会所)』

今回は、横浜関内にある近代建築の建物『横浜銀行協会(旧横浜銀行集会所)』をご紹介します。

横浜市認定歴史建築物には指定されていませんが、横浜関内周辺の近代建築巡りをしている人には、オススメの建物ですよ。

スポンサードリンク

横浜銀行協会のご紹介

横浜館内の近代建築の地図

横浜銀行協会

横浜銀行協会は、関内の近代建築が集中している国道133号線沿いにある建物です。

電車だと、みなとみらい線馬車道駅から徒歩すぐの場所にあります。

横浜銀行協会の建物の概要

IMG_8916

横浜銀行協会の建物は、昭和12年に、国会議事堂の建設を統括した大倉喜邦と林豪蔵によって建築された建物です。

関内周辺の近代建築は、当初の目的のまま使われている建物が少ないですが、横浜銀行協会の建物は、当初の目的のまま、現役で使われています。

入口

横浜関内にある近代建築の建物『横浜銀行協会(旧横浜銀行集会所)』

建物の中には入れませんが、入り口を見ることができますよ。

横浜関内にある近代建築の建物『横浜銀行協会(旧横浜銀行集会所)』

インスタグラムの写真

横浜関内の近代建築part.24 横浜銀行協会 (竣工)昭和11年 (設計)大熊喜邦、林豪蔵 横浜に本支店を置く銀行の親睦会である横浜銀行集会所として建てられ、現在も横浜銀行協会として使われている。 JR関内から海岸に向かって真っ直ぐ行ったらある横浜の方ならご存知の建物。 元々は巨匠・遠藤於菟による設計で明治38年に竣工したが関東建震災で倒壊してしまった。 (右上のモノクロ写真。ネットから引用。スミマせん) 昭和初期に大熊喜邦と林豪蔵が2代目を引き継いだのが現在のもの。 アールデコ調の直線的なデザインになっている。玄関ポーチの柱にはアールヌーヴォー調の花模様の装飾が施され3階部分まで7本の柱が通されている。柱上にはテラコッタの飾りをつけています。 #横浜関内の近代建築#横浜銀行協会

Ryota Tanjiさん(@ryotatanji)がシェアした投稿 –

施設概要

施設名

横浜銀行協会

住所 神奈川県横浜市中区本町3-28

参照サイトhttp://fkaidofudo.exblog.jp/21324294
参照サイトhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E7%86%8A%E5%96%9C%E9%82%A6
Instagramhttps://www.instagram.com/explore/locations/512871720/
アクセスみなとみらい線馬車道駅より、徒歩2分
駐車場なし
スポンサードリンク

Googleマップで開く

※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

口コミを投稿するには会員登録ログインが必要です。

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!