【旧横浜正金銀行本店本館 神奈川県立歴史博物館】重要文化財の近代建築!

旧横浜正金銀行本店本館(神奈川県立歴史博物館)

今回は、旧横浜正金銀行本店本館で、現在、神奈川県立歴史博物館として使われている建物をご紹介します。

明治37年に作られ、国の重要文化財に指定されています。残念ながら、現在は館内工事中で、外観しか見ることができませんが、日本とは思えないような立派な近代建築を見てみては!

旧横浜正金銀行本店(神奈川県立歴史博物館)のご紹介

旧横浜正金銀行本店へのアクセス

神奈川県立歴史博物館

旧横浜正金銀行本店は、みなとみらい線馬車道駅から徒歩1分の場所にあります。近くには、旧富士銀行横浜支店や旧第一銀行横浜支店など、近代建築の銀行の建物を見ることができ、異国情緒漂う雰囲気になっています。

旧横浜正金銀行本店の歴史

横浜正金銀行

旧横浜正金銀行本店本館は、妻木頼黄の設計、遠藤於菟の現場監督により、明治37年に、石造3階、地下1階の建物として竣工しました。

旧横浜正金銀行本店本館は、明治大正期に活躍した妻木頼黄の代表作の一つで、本格的建築、正面および両側隅部には大きなペディメントを設け、壁面いは窓ごとに大オーダーの柱形を出して、バロック的効果を強調している。関東大震災前の横浜の敬愛的繁栄を象徴している建物で、国指定の史跡でもあります。

関連画像

横浜都市発展記念館

こちら、明治の明治後期から大正の絵葉書に載っている横浜正金銀行本店の写真です。

横浜正金銀行の歴史

横浜正金銀行とは、外国との貿易の円滑化を目指して、福沢諭吉や大隈重信らの力添えによって、明治13年に開業しました。

戦後は、東京銀行として、日本で唯一の外国為替銀行として、特殊なポジションの銀行であったが、1996年に三菱銀行と合併し、東京三菱銀行となり、現在の東京三菱UFJ銀行に繋がっています。

建物の外観

旧横浜正金銀行本店本館(神奈川県立歴史博物館)

横浜関内の近代建築の中でも圧倒的な存在感を有しています。

正面のドームとその下の三角ペディメントが特徴的ですね。

旧横浜正金銀行本店本館(神奈川県立歴史博物館)

ドームの部分は、関東大震災で被災して、焼け落ち、源氏のドームは、神奈川県立歴史館オープンのタイミングで再建されたものとのことです。ドームの直系12メートル、高さ9.5メートルもあるそうです。なお、ドームには、シャチホコのような魚が付いていますが、これはドルフィンだそうです。

旧横浜正金銀行本店本館(神奈川県立歴史博物館)

別の角度から撮影した写真です。

1階から3階まで貫く大きな柱が特徴的で、柱の頭部には、コリント式の飾りが付けられています。

また、窓には、イオニア式の頭飾りがある4本の柱があり、その上に櫛型ペディメントで装飾されています。

 

次のページでは、インスタグラムの写真をご紹介します。

ページ: 1 2

2017-05-08

施設概要

施設名旧横浜正金銀行本店本館(神奈川県立歴史博物館)
住所神奈川県横浜市中区南仲通5-60
電話番号045-201-0926
営業時間現在、休館中
公式サイトhttp://ch.kanagawa-museum.jp/
参照サイトhttp://bunka.nii.ac.jp/heritages/detail/121597
Instagramhttps://www.instagram.com/explore/locations/648036164/
アクセスみなとみらい線『馬車道駅』より、徒歩1分
横浜市営地下鉄『関内駅』9番出口より、徒歩5分
JR桜木町駅より、徒歩8分
駐車場なし
※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

Googleマップで開く

口コミを投稿するには会員登録ログインが必要です。

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!