【横浜地方裁判所】日本大通りにある横浜の近代建築!

横浜関内にある近代建築の『横浜地方裁判所』

今回は、横浜関内にある近代建築の『横浜地方裁判所』をご紹介します。昭和5年に大成建設(大倉土木部)によって造られた建物を、平成13年に外観を活かした形で、建て替えを行っています。横浜市認定歴史建造物に指定されている立派な建物なんで、横浜の近代建築巡りをする際には立ち寄ってみては。

スポンサードリンク

横浜地方裁判所のご紹介

横浜地方裁判所へ

横浜地方裁判所

横浜地方裁判所は、日本の大通りに面した場所にあります。

横浜地方裁判所の歴史

「関東大震災で焼失した北仲通の横浜地方裁判所 」 横浜開港資料館蔵

http://www.city.yokohama.lg.jp/naka/archive/publish/backnumber/2015/09/series01.html

横浜裁判所は、明治22年に現在の場所に移転されたとのことです。ただ、関東大震災により倒壊焼失してしまいます。

横浜地裁

昭和5年に、大蔵省営繕管財局(担当は小野武雄と保岡豊)の設計、現在の大成建設(旧大倉土木)の施工により、コンクリートの4階建ての横浜地方裁判所が再建されました。

平成13年に、外観を活かしたファサード保存により、13階建ての新しい建物が作られ、現在に至ります。

平成10年に、横浜地方裁判所が横浜市認定歴史建造物に指定されています。

横浜地方裁判所の外観

横浜関内にある近代建築の『横浜地方裁判所』

象の鼻パークや横浜税関から横浜スタジアムに向かっている日本大通り沿いにあります。通りの両側には、旧三井物産横浜支店や横浜商工奨励館などの近代建築が残っており、銀杏並木も綺麗なので、横浜散歩にオススメのスポットですよ。

横浜関内にある近代建築の『横浜地方裁判所』

建物は、平成13年に新しくなり、13階建てのビルとなりましたが、日本大通り側は、昔の建物の外観を活かした造りになっています。

横浜関内にある近代建築の『横浜地方裁判所』

日本大通りの正面玄関です。左右対称で、花崗岩を利用したブロックが、重厚な雰囲気を醸し出しています。

横浜関内にある近代建築の『横浜地方裁判所』

横浜地方裁判所の敷地内には、慰霊碑が置かれています。こちらの慰霊碑は、関東大震災の際に犠牲となった94名を慰霊する碑とのことです。詳しくは、横浜市のサイトをご覧ください。

 

次のページでは、インスタグラムの写真をご紹介します。

ページ: 1 2

2017-05-02

施設概要

施設名横浜地方裁判所
住所神奈川県横浜市中区日本大通9
公式サイトhttp://www.courts.go.jp/yokohama/about/syokai/
参照サイトhttp://www.city.yokohama.lg.jp/toshi/design/m09/building/n37.html
参照サイトhttp://fukkokentiku.hatenablog.com/entry/2013/05/11/143057
Instagramhttps://www.instagram.com/explore/locations/425627/
アクセスみなとみらい線『日本大通り駅』より、徒歩1分
※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

Googleマップで開く

口コミを投稿するには会員登録ログインが必要です。

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!