【旧横浜商工奨励館 横浜情報文化センター】横浜関内の近代建築!

旧横浜商工奨励館(横浜情報文化センター)

今回は、横浜関内にある近代建築の建物『旧横浜商工奨励館』をご紹介します。昭和4年に建築され、平成12年に昔の外装を活かした新しい建物として生まれ変わります。現在は、横浜情報文化センターという名前の建物で、館内には、日本新聞博物館や放送ライブラリーなどの施設や、カフェなどがあ、横浜市認定歴史的建造物に指定された人気観光スポットですよ。

スポンサードリンク

旧横浜商工奨励館(横浜情報文化センター)のご紹介

旧横浜商工奨励館へ

旧横浜商工奨励館(横浜情報文化センター)

旧横浜商工奨励館は、日本大通りと国道133号線が交差する場所にあります。交差点には、キングの愛称で知られる神奈川県庁があって、横浜の港町の風情を味わえる場所となっています。

旧横浜商工奨励館(横浜情報文化センター)

横浜スタジアムに向かう銀杏並木が素敵な日本大通りの右手側に、旧横浜商工奨励館があります。

旧横浜商工奨励館の外観

旧横浜商工奨励館(横浜情報文化センター)

旧横浜商工奨励館の外観です。角には、オシャレなカフェがありますよ。

正面玄関

旧横浜商工奨励館(横浜情報文化センター)

旧横浜商工奨励館の正面玄関です。

旧横浜商工奨励館(横浜情報文化センター)

正面玄関を入ると、立派な中央階段を見ることができますよ。

旧横浜商工奨励館の歴史

旧横浜商工奨励館(横浜情報文化センター)

建物の壁に、旧横浜商工奨励館の歴史が刻まれています。

内容は、『大正12年9月1日の関東大震災は、横浜の中心部に大きな被害をもたらし、開港期から築き上げた市街地の施設の多くが失われました。震災前、この地にあったアメリカ領事館も全焼し、その跡地に横浜商工業界の振興と発展の拠点として、横浜市が横浜商工奨励館を昭和4年4月に建築しました。内部は、1階と2階に国内外の商工業製品を紹介する商品陳列所が設けられ、3階と4階は商工会議所をはじめとする、横浜市内の商工団体の事務室として利用されました。近世復興式といわれる建築は、正面玄関から中央階段、3階貴賓室にかけて東洋風デザインを特徴とした、震災復興期の代表的建築の一つです。

昭和50年、横浜商工会議所の移転により、46年間に渡るその歴史に幕を閉じましたが、平成12年に建物を保存・活用し、新しく横浜情報文化センターとして生まれ変わりました。』と書かれています。

旧横浜商工奨励館

日本大通り沿いにある案内板によると、横浜商工奨励館は、昭和4年に、横浜市建築課によって設計され、岩崎金太郎氏によって施工されたそうです。

旧貴賓室

自分は行っていないのですが、旧横浜商工奨励館の3階には、天皇陛下を迎える為の旧貴賓室があるそうです。

日本新聞博物館

旧横浜商工奨励館(横浜情報文化センター)

横浜情報センターには、日本のメディアの歴史を伝える日本新聞博物館があります。入場料は、大人400円、大学生300円、高校生200円、中学生以下は無料となっています。

カフェ ドゥ ラ プレス

#cafe

shusseuo  (‘ω’ っ )3〃さん(@shusseuo)がシェアした投稿 –

 

次のページでは、インスタグラムの写真をご紹介します。

ページ: 1 2

2017-05-02

施設概要

施設名旧横浜商工奨励館(横浜情報文化センター)
住所神奈川県横浜市中区日本大通11
営業時間<日本新聞博物館>
10:00~17:00(最終受付 16:30)
定休日<日本新聞博物館>
・月曜日(祝日・振替休日の場合は次の平日)
・年勝年始(12/29~1/4)
料金<日本新聞博物館>
・大人:400円
・大学生:300円
・高校生:200円
・中学生以下:無料
公式サイトhttp://www.city.yokohama.lg.jp/toshi/design/m09/building/n36.html
参照サイトhttp://newspark.jp/newspark/
参照サイトhttp://theyokohamastandard.jp/article-7308/
Instagramhttps://www.instagram.com/explore/locations/425663/
アクセスみなとみら線『日本大通り駅』より、徒歩1分
※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

Googleマップで開く

口コミを投稿するには会員登録ログインが必要です。

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!