【旧横浜市外電話局 横浜都市発展記念館】横浜関内の近代建築!

旧横浜市外電話局(横浜都市発展記念館)横浜関内の近代建築・横浜市認定歴史的建造物

今回は、横浜関内にある近代建築の建物『旧横浜市外電話局』をご紹介します。昭和4年(1929年)に逓信省の中山広吉によって設計され、横浜市認定歴史的建造物に指定されている建物です。また、補修工事は行っているものの当時の建物のままの姿を残しており、横浜関内の近代建築の中でも貴重な建物ですよ。なお、日本大通り駅にもつながっており、横浜都市発展記念館や横浜ユーラシア文化館として利用されています。

旧横浜市外電話局へ

旧横浜市外電話局地図

旧横浜市外電話局は、日本大通り駅と直結しており、旧横浜商工奨励館の隣にある建物です。

旧横浜市外電話局の歴史

旧横浜市外電話局

横浜市外電話局は、昭和4年に、逓信省営修繕課の中山広吉さんによって設計、安藤組によって施工されたコンクリート造りの地上4階、地下1階の建物です。

旧横浜市外電話局(横浜都市発展記念館)横浜関内の近代建築・横浜市認定歴史的建造物

(株)NTTファシリティーズ所蔵

こちらが竣工当時の建物の外観となっています。

横浜都市発展記念館のホームページには、以下のように解説されています。

新局舎の設計をおこなったのは、横浜出身の技師中山広吉(1896-1987)で、戦後も長きにわたって郵政省の営繕組織を率いた建築家です。新局舎は、以前のものとは大きく異なり、外壁には濃茶色のタイルを全面に貼り、装飾を控えた堅実なデザインでありながら、2階から4階をまとめる柱型や、水平に走る石の装飾帯などに古典主義様式の構成を残すなど、昭和戦前期の逓信省特有の意匠が認められます。

横浜市外電話局の外観

旧横浜市外電話局(横浜都市発展記念館)横浜関内の近代建築・横浜市認定歴史的建造物

外観には、落ち着いた茶色のタイルが貼られており、入り口はアーチ状になっています。

また、入り口の左右にある大きな石の玉は、下の土台と同じ一体の石から削って作ったとのことで、土台と玉が繋がっているそうです。

旧横浜市外電話局(横浜都市発展記念館)横浜関内の近代建築・横浜市認定歴史的建造物

また、壁には竣工当時と同じ文字盤を使っている時計が埋められています。こちらは、横浜市が補修工事をした際に、発見されたものだそうです。

電話交換創始の地の碑

IMG_8870

横浜市外電話局から開港広場に向かう途中に、電話交換創始の地という石碑があります。明治23年12月16日に、この場所と東京間ならびに市内で初めて電話交換業務が開始されたそうです。当時の横浜の加入者は42人しかいなかったそうです。現在のスマートフォンなどの便利な生活も、この場所から発展していったんですね。

横浜都市発展記念館&横浜ユーラシア文化館

旧横浜市外電話局(横浜都市発展記念館)横浜関内の近代建築・横浜市認定歴史的建造物

自分は入っていないのですが、建物の4階は横浜の都市計画の歴史を紹介する博物館となっており、2階にはユーラシア全域における考古や美術を展示している博物館となっています。

次のページでは、インスタグラムの写真をご紹介します。

ページ: 1 2

2017-05-02
営業時間<横浜都市発展記念館>
・9:30~17:00(最終受付 16:30)

<横浜ユーラシア文化館>
・9:30~17:00(最終受付 16:30)
定休日<横浜都市発展記念館>
・月曜日(祝日の場合は営業し、次の平日が定休日)
・年末年始

<横浜ユーラシア文化館>
・月曜日(祝日の場合は営業し、次の平日が定休日)
・年末年始
料金<横浜都市発展記念館>
・大人:200円
・小中学生:100円

<横浜ユーラシア文化館>
・大人:200円
・小中学生:100円
公式サイトhttp://www.tohatsu.city.yokohama.jp/guide.html
参照サイトhttp://hamarepo.com/story.php?page_no=0&story_id=619&from=
参照サイトhttp://www.kaikou.city.yokohama.jp/journal/081/081_04.html
Instagramhttps://www.instagram.com/explore/locations/21243717/
アクセスみなとみらい線『日本大通り駅』と直結

口コミを投稿するには会員登録ログインが必要です。

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!