【旧横浜港駅プラットフォーム】横浜みなとみらいの赤レンガ倉庫隣の駅跡!

【旧横浜港駅プラットホーム】横浜みなとみらいの赤レンガ倉庫隣の駅跡!

旧横浜港駅プラットホーム

今回は、横浜みなとみらいにある鉄道遺跡の『旧横浜港駅プラットホーム』をご紹介します。

赤レンガ倉庫の隣にあって、外航ターミナルがあった場所に作られた駅で、プラットホームが残っています。

電車好きの子供や近代歴史好きな方にオススメですよ。

スポンサードリンク

旧横浜港駅プラットホームのご紹介

アクセス

旧横浜港駅プラットホーム

旧横浜港駅プラットホームは赤レンガ倉庫の近くにあります。

隣には、レンガで作られた廃墟を活かした花壇がありますが、こちらは旧税関事務所遺構とのことです。

プラットホーム

旧横浜港駅プラットホーム

プラットホームの上にも入ることができますよ。

説明文

旧横浜港駅プラットホーム

横浜港駅は、明治44年、横浜税関機構の荷扱所としてつくられ、大正9年7月23日、横浜港駅となったそうです。

昭和3年当時の花形外航ターミナルにそって旧横浜港駅のプラットホームが設けられたそうです。現在は、傷んでいた上屋は新材料で復元しているそうです。

近くの鉄道関連の遺跡

みなとみらいには、山下臨港線の廃線跡を散策することができ、鉄道関連の見どころが他にもあるので紹介します。

汽車道

桜木町駅から赤レンガ倉庫に向かう散歩道ですが、元々、横浜臨海線の線路として使われていた場所です。

赤レンガ倉庫

旧横浜港駅プラットホーム

赤レンガ倉庫にも、線路が敷かれていますよ・

新港橋梁

旧横浜港駅プラットホーム

赤レンガ倉庫とぞうの鼻テラスの間に架かる歩道橋は、元々、横浜臨港線で使われた橋で、大正元年に作られ、横浜市認定歴史的建造物に指定されています。

詳しくは、『汽車道』をご覧ください。

転車台跡

旧横浜港駅プラットホーム

ぞうの鼻テラスの隣には、元々、転車台があった場所で、一部が歴史遺産として展示されています。

詳しくは、『転車台跡』をご覧ください

山下臨港線プロムナード

旧横浜港駅プラットホーム

ぞうの鼻テラスから山下公園に向かう横浜臨海線の高架が、現在は遊歩道になっていますよ。

施設概要

施設名

旧横浜港駅プラットフォーム

住所 神奈川県横浜市中区新港1丁目1−2

料金

無料

参照サイトhttp://minatomirai21.com/shop/1776
Instagramhttps://www.instagram.com/explore/locations/1019705131
アクセスみなとみらい線「馬車道駅」または「日本大通り駅」より、徒歩8分
JR・市営地下鉄「桜木町駅」より、徒歩17分
スポンサードリンク

Googleマップで開く

※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

口コミ

  1. ポツンと置かれている駅のホーム

    口コミ評価 3

    :子供と一緒 (小学生低学年)

    :2018年3月

    赤レンガ倉庫の隣に、ポツンと駅のホーム跡が残っています。昔、横浜港から船で出発する人が利用していた駅とのことで、赤レンガ倉庫とともに、歴史を感じられますよ。電車好きな人は、桜木町から山下公園まで、横浜臨港線の線路跡地を散歩してみては。

  2. 横浜を代表する観光スポットの一角

    口コミ評価 3
    施設の充実度&雰囲気充実度 5
    サービス・おもてなしサービス 2.5
    コストパフォーマンスコスパ 5

    :子供と一緒 (2~3歳、年中・年長、小学生低学年)

    :2018年3月

    昨日行ってきました。旧横浜港駅プラットホームは赤レンガの敷地内にあります。日差しの強い日には、旧横浜港駅プラットホームで人休憩している人々の姿も見受けられます。近くには桜木町駅からワールドポーターズまで続く汽車道や、ぞうの鼻テラスで転車台を見ることが出来るので、電車好きでない人でも、電車の歴史を感じられ、海と赤レンガと楽しむことができるのではないでしょうか。赤レンガでは子供も大人も楽しめるイベントも多く開催しているので、おすすめです。

口コミに、ご協力お願いします♪
未会員の方は、会員登録へ(30秒)!
会員の方は、ログインへ!

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!