【横浜黄金湯 温泉銭湯】富士山とお城のペンキ絵が素敵な温泉銭湯!

横浜黄金湯(温泉銭湯)

今回は、横浜市保土谷にある銭湯『横浜黄金湯』をご紹介します。

黒湯の温泉を満喫でき、壁には富士山だけでなく、お城も描かれている珍しい銭湯ですよ。

ご主人に話を伺うと、2017年で50周年を迎えたレトロ銭湯とのことで、レトロ温泉銭湯好きな人には、是非、オススメな銭湯ですよ。

スポンサードリンク

横浜黄金湯のご紹介

横浜黄金湯へ

横浜黄金湯(温泉銭湯)

黄金湯は、相鉄線『上星川駅』から歩いて8分程度の場所にあります。駅前には充実した『満天の湯』という日帰り温泉があるので、黄金湯まで足を運ぶ人が少なくなってしまっているのでは・・・。

横浜黄金湯(温泉銭湯)

レトロな雰囲気漂う黄金湯の入り口です。

下駄箱

横浜黄金湯(温泉銭湯)

下駄箱は、トリコロール色が特徴的な木札となっています。

横浜黄金湯(温泉銭湯)

こちらの下駄箱は、珍しい『おしどり』というメーカーのようです。よく見ると、『用心』と書かれているのが粋ですね。

脱衣場

横浜黄金湯(温泉銭湯)

番台スタイルの昔ながらの銭湯で、脱衣場もトリコロールカラーになっています。

ペンキ絵

横浜黄金湯(温泉銭湯)

お風呂場の写真です。男湯には、富士山のペンキ絵が描かれていて、男湯と女湯の中央には、お城が描かれている珍しいペンキ絵になっています。女湯は、大阪万博の太陽の塔が描かれているということで、かなり珍しいですね。また、ペンキ絵の下には、モザイク画がありますよ。

なお、シャワースペースには、シャンプーとボディーソープの備え付けはないので、ご注意を。

黒湯

横浜黄金湯(温泉銭湯)

黒湯の浴槽は、6人くらいは入れる広さになっています。温度は43度となっており、大人は入れるのですが、息子にはちょっと熱かったようです。

なお、ボタンを押すと、ジェットを楽しむことができますよ。

温泉分析書

横浜黄金湯(温泉銭湯)

泉質ですが、詳細に書かれていないのですが、炭酸ナトリウム塩化物泉だと思います。茶色で、モール臭がする黒湯ですよ。

温泉の利用方法は、源泉かけ流しではなく、循環ろ過式となっています。

寝風呂&バイブラバス

横浜黄金湯(温泉銭湯)

左側は珍しい形の寝風呂になっていて、ボタンを押すと、ジェットが出てくるようになっています。右側はバイブラバスのようですが、自分が行った時には、泡は出ていませんでした。

休憩スペース

横浜黄金湯(温泉銭湯)

お風呂上りには、脱衣場のソファで、一休みできるようになっています。  

 

次のページでは、インスタグラムの写真をご紹介します。

ページ: 1 2

施設概要

施設名

黄金湯

住所 横浜市保土ヶ谷区仏向町245-1

電話番号

045-331-2707

営業時間15:00〜22:30(23:00まで延長可)
定休日金曜日
料金

大人:470円
小学生:200円
幼児:80円
※大人と一緒の場合は無料

公式サイト
Instagramhttps://www.instagram.com/explore/locations/101059463649547/
アクセス相鉄線『上星川駅』より、徒歩8分
駐車場無料駐車場有(4台)
スポンサードリンク

Googleマップで開く

※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

口コミを投稿するには会員登録ログインが必要です。

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!